NEW

天才・武豊、いまだ衰えず…天皇賞(春)、キタサンブラックと連覇なるか?伝説の調教師が分析

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関西馬を知り尽くす名伯楽がいる

 4月16日に行われた第77回皐月賞は、人気馬がことごとく馬群に沈み、大波乱の100万馬券が飛び出した。多くのファンがあっけにとられた結末だったが、波乱の立役者となったのはまたしても「関西の刺客」だ。1週前に行われた第77回桜花賞は、関西馬がワンツーフィニッシュ。そして皐月賞は1着から3着まで関西馬が独占し、関西馬の強さをまざまざと見せつけている。

 桜花賞と皐月賞どちらも馬券に絡んだのは天才・武豊、特に皐月賞では12番人気のダンビュライトを3着に入らせる好騎乗を見せ、48歳でも衰え知らずであることを示した。その武豊は、今週末の第155回天皇賞(春)でキタサンブラックに騎乗して連覇を狙っており、馬主で演歌歌手の北島三郎と共にマスコミの注目度は最高潮に達している。

 天皇賞(春)は、数あるG1レースのなかでも特に関西馬が強いレースだ。過去20年で関西馬が14勝、関東馬が6頭とダブルスコア以上の圧勝。同レースの勝ち馬はディープインパクト、スペシャルウィーク、メジロマックイーンなど歴史的名馬が並ぶが、そのほとんどが関西馬だ。

 今年も登録19頭のうち関西馬が15頭と圧倒しており、なかでもキタサンブラックとサトノダイヤモンドの二枚看板は強烈な存在。相撲のように東西に横綱がいて、千秋楽でその横綱同士が競うのが理想だが、競馬においては、関東には横綱が不在で関西が圧倒的な実力を見せつけているのが現状だ。

 しかし、それは競馬の図式とすれば非常にわかりやすいもの。馬券でいえば関西馬を買えば的中する確立が高くなるのは極めてシンプルな考え方である。ただし、数多く出走する関西馬のなかで、どの馬を買えばいいのかを見極めるのは難しい。

 天皇賞(春)でいえば、最大で15頭の関西馬が出走するわけで、そのすべての組み合わせを買うには莫大な資金が必要となる。馬券の理想は、少ない購入点数で高配当を的中させることなので、選定作業が必要になる。

 とはいえ、素人が根拠もなしにその作業を行っても「買うべき馬を切って不要な馬を買ってしまう」というミスが出るのは目に見えている。そこで、「関西馬を知り尽くすプロ中のプロ」の力を借りるのが得策だ。

 このプロというのは、日本中央競馬会(JRA)の調教師として活躍した浜田光正氏と清水久雄氏だ。2人とも現役時代は関西所属調教師で、浜田氏は1994年の天皇賞(春)をビワハヤヒデで勝利するなどG1レースを7勝もした伝説の調教師だ。また清水氏は、騎手時代に東京優駿(日本ダービー)を勝利したほか、調教師としてもオークス馬・イソノルーブルなどを管理した実績を持つ。まさに、名実ともに日本競馬を引っ張ってきた大物関係者である。

天皇賞(春)の展望

 今回は、この2人が所属する関西馬専門情報サイト「チェックメイト」に、天皇賞(春)について話を聞いた。

--春のG1戦線に向けて、どんな態勢で情報収集などを行っていらっしゃいますか?

チェックメイト担当者 我々の基本理念である「西高東低の現代競馬は、勝負の関西馬を知る事ができれば的中へ近づく」「関東馬よりも圧倒的に強い、関西馬に関する情報を専門に取り扱う」というスタンスは創業以来変わりませんが、日々情報網の強化や提供内容の向上を図り、今年も多数の会員の皆様の支持を頂きながら、春のG1戦線も的中馬券に直結する情報をお届けし続けています。

--チェックメイトは、マスコミやほかの情報と何が違うのでしょうか?

チェックメイト担当者 全国各地に隈なく散らばる当社の情報網をまとめるのは、騎手として日本ダービーを、調教師としてオークスを制している「清水久雄」、ビワハヤヒデやファレノプシスといった数々の名馬を管理してきた元JRA・7冠調教師「浜田光正」の2人です。競馬界の頂点を極めた2人のもとには、今なお現役競馬関係者の足が絶えず、現場の生きた情報が届けられます。当時築き上げた現場とのパイプは、今もなお健在であることは言うまでもありません。バラエティ色の強いスポーツ紙とは、入手している情報の密度が違います。

浜田氏は、人気のキタサンブラックの調教師と師弟関係

 ちなみに、天皇賞(春)の有力馬であるキタサンブラックは、我々の拠点である関西所属です。世間一般では「北島三郎さんの馬」という点で注目を集めていますが、同馬を管理する清水久詞調教師は調教助手時代、浜田光正に師事し、エリザベス女王杯を筆頭にG1レースを3勝したファレノプシスを担当していた縁のある人物です。当然ながら、キタサンブラックが今まで出走したレースに関するジャッジも、いつものように的確にお伝えしてまいりました。

--その師弟関係はすごいですね。天皇賞(春)は、どんなレースになりそうですか?

チェックメイト担当者 やはり、皆さんが気になるのは「サトノダイヤモンドとキタサンブラックの再戦」ではないでしょうか。

 ちなみに、大阪杯前のキタサンブラックは「1日に坂路を3本乗り込む」といったスパルタ調教を課されていましたが、清水久詞調教師によると、「師匠である浜田先生が、ビワハヤヒデに課していた内容を参考にした」と私たちに明言しており、今もなお浜田イズムが栗東トレセン内に流れていることを示す一幕でもありました。

 ハードな調教を積んできたキタサンブラックは、今年初戦となった大阪杯を快勝しました。我々も、確信を持って本命に指名し、予想を的中させました。世間では人気を分け合ったマカヒキやサトノクラウンではなく、しっかりとキタサンブラックを本命として情報公開できたのは、確かな裏付けがあったからこそです。

 キタサンブラックは昨年の年度代表馬ですから、普通なら単勝オッズが1倍台になるのが当たり前のところですが、思わぬ高配当となった理由は、「本当の情報を一般ファンは知らない」からであると、あらためて思わされた次第です。

 もちろん、今年の天皇賞(春)につきましても、核心に迫る情報を多数入手していますが、我々がG1・重賞レースを筆頭に高配当を連発できるのは、一般の専門紙やスポーツ紙には載らないような、真の関西馬情報があるからです。そのため、核心部分に関しては、会員限定の公開とさせていただきます。

キタサンブラック&サトノダイヤモンドは「買い」か?

--天皇賞(春)的中の自信はありますか?

チェックメイト担当者 昨年の天皇賞(春)は、勝ったキタサンブラックを本命に、馬連2万160円の万馬券を的中させました。この時は、13番人気で2着に好走した関西馬・カレンミロティック陣営から「番狂わせ予告」を入手していたのです。馬連で万馬券というのは、G1レースでも年に数度あるかどうかの出来事です。その波乱レースをしっかり的中させることができたのは、カレンミロティックの特別な情報を入手していたからです。

 今年はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの裏側が大きなカギとなりますが、「この2頭で決まりでしょ」と考えている方も、「絶対に2強に割って入る馬を探したい」とお考えの方も、今回はぜひとも我々の情報をご覧になってから馬券を購入していただきたいところです。

--ぜひその情報を教えていただけないでしょうか

チェックメイト担当者 わかりました。「本当の関係者情報を味わってみたい!」「関西馬専門情報とは何か?」とお考えの皆様で、初めて当社を利用される方々を対象に、天皇賞(春)における『3連単勝負買い目』を無料公開いたします。今まで体験したことのない関西馬情報の濃密さをご覧になり、「関西馬情報は儲かる」ということを実感していただければ幸いです。

 皆様が気になるキタサンブラック、サトノダイヤモンドは本当に“買える”馬なのか――。そのジャッジは、サイトに来ていただいた方にだけ特別にお伝えいたします。

 そのほかにも、有力関西馬陣営の本音の特別無料公開や、ほかのレースにおける情報網独自の推奨馬、当社最終結論など、無料会員の皆様にも公開できる限りの情報をお届けします。本当の情報が公にされにくい競馬界にメスを入れてまいります。

 当社の情報網は、第一に「馬券でメシを食いたい」を身上に、日々情報収集に取り組んでいます。ぜひとも、当サイトを隈なくご覧になって、皆様のより良い馬券ライフに生かしていただければと存じます。

--これは非常にありがたい話です。本日はありがとうございました。

 初心者や関東に住む人にはピンとこないかもしれないが、現代競馬において関西馬が占める割合は非常に高い。実力も実績も関東を圧倒しており、馬主が預ける馬も関東よりも素質が上なのだという。

 そんな関西馬情報を知り尽くすチェックメイトが提供する天皇賞(春)の『3連単無料買い目』とは、どんな内容なのか。彼らだけが知るキタサンブラックの裏話とは何か――。その答えは、チェックメイトを見れば明らかになる。
(文=編集部)

CLICK → 無料公開 天皇賞(春)「3連単無料買い目」

※本稿はPR記事です。

天才・武豊、いまだ衰えず…天皇賞(春)、キタサンブラックと連覇なるか?伝説の調教師が分析のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラック天皇賞(春)武豊皐月賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!