NEW

GINZA SIX、蔦屋書店が攻めすぎ&異次元の心地よさ!ヌード写真集や日本刀まで買える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GINZA SIXの外観
 かつて東京・銀座6丁目で栄華を極めていた松坂屋銀座店。4月20日、その跡地にオフィス兼大型商業施設の「GINZA SIX」が開業した。


 商業施設スペースだけで4万7000平方メートルという銀座最大級の面積を誇り、オープン前からテレビ、雑誌、インターネットなど多くのメディアで取り上げられていただけあって、開店前には2000人以上の行列ができていたという。

 そのため、急遽10分ほど早めて開店したが、あまりの混雑に人気テーマパーク顔負けの待ち時間が発生していたようで、ツイッターでは「入店120分待ち!」といったつぶやきも散見された。

 地上13階・地下6階のビル内には、海外の高級ブランドや日本初進出ブランドなどを中心に241店舗が出店しており、話題のショップも多い。そのなかでもトップクラスの注目度なのが、アート分野に注力している書店「蔦屋書店」だ。

 話題のGINZA SIXに陣取る「銀座 蔦屋書店」はどんな様子なのか。開業当日のリポートをお届けする。

中国人観光客だらけ?蔦屋書店はスタバ併設


 筆者が訪れた午後の時間帯は比較的空いていたのか、待ち時間なく入ることができたものの、さすがの混み具合である。特に目立ったのが、中国人と思しき観光客の団体。1階には観光バスが停車できるスペースが確保されているため、おそらく中国人観光客のツアーに組み込まれていたのだろう。

 もちろん日本人の来店客も多かったが、予想よりは少ない印象だ。夕方前だったため、日本人のOL層は少ないだろうと思ってはいたが、中高年女性層もさほど多くない。百貨店のメインターゲット層であるため、もっと多いと予想していたが、意外な客層であった。

 6階の銀座 蔦屋書店に到着すると、ゆったりとして広々したスペースに書棚が並び、暖色系の落ち着いたライティングで、まるでカフェのような空間が広がっている。

銀座 蔦屋書店
 蔦屋書店を展開しているのは、レンタル大手のTSUTAYAを擁するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)だ。蔦屋書店は、書籍や雑誌を6万冊取り揃えて「書店」を名乗りながらも、本を売ることだけを目的としておらず、ライフスタイルの総合提案をうたっている先鋭的な業態である。そして、GINZA SIXにオープンした同店は、特にアートや日本文化をテーマにしているという。

 6階の大部分のスペースを蔦屋書店が占めており、30メートルほど続く本棚は圧巻。また、店内に併設されているスターバックス コーヒーの席に着き、コーヒーを味わいながら購入前の本をじっくり読むこともできる。しかも、このスタバではアルコール類も販売されており、ビールやワインを飲むことも可能だ。

 日中だったため、アルコール類は控えたが、コーヒーに舌鼓を打ちながら「どれを買おうかな」といくつかの本を吟味する時間は、なかなかぜいたくなものに感じられた。

GINZA SIX、蔦屋書店が攻めすぎ&異次元の心地よさ!ヌード写真集や日本刀まで買える!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、GINZA SIXスターバックス コーヒー中国人蔦屋書店の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!