NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

X線検査やCTスキャン、放射線で発がん性&寿命短縮の可能性を考察

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今回は画像診断のお話です。“極論君”は検査をしてもらうのが大好きです。画像診断も大好きです。胸やお腹のX線写真、頭や胸、お腹のCT検査、そしてMRI検査、また超音波検査も、人間ドックではもちろんのこと、少々不調の時などは、クリニックや病院に行ってできる限りの検査をお願いするというタイプです。

“常識君”の解説です。

「画像診断とは通常は形態の変化を画像でとらえて診断する方法です。その結果も画像として説明することができます。X線検査もそれに当たります。X線検査は別名がレントゲン検査で、開発者はヴェルヘルム・レントゲン。1901年に第1回のノーベル物理学賞を受賞しています。X線検査が登場して、それまでは身体の内部を調べるのは、皮膚から触ってわかる病変を見つける、つまり触診検査だけであったものが、なんとX線を当てることで身体の内部構造がある程度わかるようになりました。骨折を調べるためのX線検査は今でも頻繁に行われています。胸やお腹の単純なX線写真も、日常診療では必須のものです。骨はX線検査で描出されやすく、そこで骨折の診断には威力を発揮します。また、胸部写真では心臓の大きさや肺炎の有無、肺がんの有無などがある程度わかります。それ以前は身体の中の構造を知る検査はなかったわけですから、ものすごい進歩です」

 ここで“非常識君”の質問です。

「X線検査は放射線を浴びます。ですから、発がん性が気になるのです。放射線障害は広島や長崎に落とされた原子力爆弾で有名になり、そして東日本大震災での東京電力福島原子力発電所からの放射線漏れがいまだに続いています。そんな放射線と同じものなのだから、身体に害があるはずです」

 常識君のコメントです。

「福島原発の破損している格納容器内は、先日毎時530シーベルトという放射線量が記録されたそうです。人間なら数十秒で死に至る放射線量だそうです。ところが、胸部X線写真では1回当たり0.02ミリシーベルト前後です。1000ミリシーベルトが1シーベルトですから、(530/0.02)×1000 = 約2500万回の胸部X線写真を1時間で撮影するのと同じ状態になります。福島原発の格納容器内はとんでもない放射線量ですから、それと比べても極わずかと理解できます」

X線検査やCTスキャン、放射線で発がん性&寿命短縮の可能性を考察のページです。ビジネスジャーナルは、連載、CTスキャンX線写真人間ドックの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!