NEW

加藤綾子、イベントで報道陣に異常な事前通達&質問厳禁が波紋

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤綾子

 カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子は、今月12日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、バストが「Eカップ」であることを認めたほか、7日深夜に放送された『アナザースカイ』(日本テレビ系)では実兄が自身の存在を隠していると発言した。それら一挙一動が、次々とニュースになるほど、加藤は今もっとも熱い視線を集めている女性のひとりだ。

 加藤はフジテレビ退社後フリーに転身し、“ぶっちゃけトーク”やイベント出演など、フリー2年目にしてタレント的要素が格段に上がってきている。大手広告代理店関係者によれば、「数多くの女子アナのなかでも群を抜いた美貌と話題性で、フリーになった当初のアヤパン(高島彩アナ)を超えるほど、多くの企業も目をつけている」という。

 しかし、そんな人気アナの加藤には、ひとつだけまだ越えられない“壁”があるという。前出の『アナザースカイ』では、自身の生い立ちのほか、まだ局アナ時代の2014年にメインキャスターを務めていた『めざましテレビ』で、オンエア中に倒れたことについても語った。昨年11月に特番にゲスト出演したときには、このことがきっかけで「もうちょっと自分の体のことも考えよう」とフリー転身を決めたことを明かしていたが、今回も再び「風邪もひいていて、体調があまり良くなかった」と話したにとどまった。

 しかし当時、14年2月に米大リーガーのダルビッシュ有選手との“密会”写真が「FRIDAY」(講談社)に掲載されたこともあり、各メディアはこぞって「失恋によるショック」と報じた。これについて、フジテレビ関係者は次のように語る。

「具体的に話が進んでいたわけではないですが、加藤さんは結婚も考えていたといわれています。ダルビッシュ選手との結婚というよりは、彼女はもともと結婚願望が強く、本当は20代で結婚したいと考えていたようです。その当時は29歳になったばかりで、フラれたというよりも、ダルビッシュ選手にそこまで思ってもらえていなかったことがショックで、心労は大きかったのでしょう。音楽大学出身で“文化系”の彼女は、体力があるほうではないので、ショックが体調にも響いたのかなと当時は局内でみられていました。退社した今でも相変わらずキレイですが、痩せていく一方で見ていて痛々しいです」

加藤綾子、イベントで報道陣に異常な事前通達&質問厳禁が波紋のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、カトパンダルビッシュ有加藤綾子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!