NEW

天皇賞(春)、「超エリートvs.雑草」に注目!圧倒的2強に割って入るのは「関西馬」?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
また名勝負が生まれる

 今週末は、いよいよ春の大一番である第155回天皇賞(春)が行われる。昨年の年度代表馬・キタサンブラックと有馬記念馬・サトノダイヤモンドによる2度目の対決だが、この2頭が抜けた実績を残しており「どちらが勝つのかが焦点となっている」というのが一般ファンの見方だ。

 それにしても、この2頭は対照的な存在だ。サトノダイヤモンドは日本を代表するノーザンファームの生産馬で、父は種付け料が1回3000万円のディープインパクト。2013年のセレクトセールで2億3000万円という超高額で取引され、鞍上はフランスのジョッキーながら日本中央競馬会(JRA)所属となったクリストフ・ルメール。管理するのは日本を代表するトップトレーナーの池江泰寿調教師。馬主は現在、最も資金があり勢いに乗る馬主として知られる里見治氏。まさに日本を代表する調教師、馬主、騎手、血統そして生産者が集結した“最強馬”といえるだろう。

 対するキタサンブラックは、父がブラックタイド、そして生産者はヤナガワ牧場で、どちらかというとマイナーな血統と生産者だ。今年の成績は現時点で、ノーザンファームの167勝に対しヤナガワ牧場は10勝にとどまっている。また、ブラックタイドの種付け料は200万円でディープインパクトの15分の1という評価。ちなみに、ブラックタイドはディープインパクトの兄(父も母も同じ「全兄弟」)という血統でもあり、興味深い従兄弟対決でもある。

 キタサンブラックを管理する清水久調教師は今年9勝と関西リーディングは26位で、2位で21勝の池江厩舎とは倍以上の差がある。馬主は芸能界の大御所である北島三郎、鞍上が日本を代表する武豊というのは華やかではあるが両馬の環境差は大きく、それだけに“エリートと雑草”という構図の対決に日本中が注目しているのだ。

 これだけ話題性があるレースをマスコミが放っておくはずがなく、テレビやスポーツ紙そしてインターネットなどさまざまな場所で特集されている。ファンもまた、匿名掲示板やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を使って独自の見解や予想を披露するなど、大きな盛り上がりを見せているのだ。

 これほどの歴史的勝負は、ライブで見るのは当然として、ぜひ馬券で参加したいもの。なぜなら、こんなに盛り上がるレースで馬券を買わないなんてもったいないからだ。

 ただし、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの組み合わせは人気が抜けていて、当たっても大きな配当にはならない。どうせ馬券を買うなら、やはり高配当が欲しいところだ。

もしこの2頭に割って入る馬がいるとすれば、3連単馬券でも高配当が期待できるが、それは一般人ではなかなかわからない。特に、こういったビッグレースは関係者も煙幕を張って本音を話さないので、スポーツ紙やテレビを見ていてもその真意はつかめない。唯一関係者から本音を聞き出せるのは、身内のような付き合いをしてきた“本物の競馬関係者”だけだろう。

 天皇賞(春)は、昨年13番人気で2着に入ったカレンミロティックを筆頭に、過去に数々の穴馬が好走してきた。その好走馬に共通しているのは、「関西馬が多い」ということ。関西馬とは、滋賀県にある栗東トレーニングセンターに所属する調教師が管理する馬のことで、ディープインパクトや今回出走するサトノダイヤモンド、キタサンブラックが有名だ。

 競馬は関東対関西という図式も成り立っているが、長く「関西馬優勢」の構図は変わっていない。その実力差を具体的に示すと、今年皐月賞を終えた時点の5つのG1レース(フェブラリーステークス、高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞)で関西馬が4勝、関東馬は1勝。2着まで広げると10頭中9頭が関西馬と、やはり「関西馬優勢」が明らかな結果となっている。このことからも、馬券は関西馬を知ることが勝利への近道といえるだろう。

 そんななか、関西の元競馬関係者から、天皇賞(春)で2強に割って入る可能性のある穴馬に関する情報が届いた。天皇賞(春)は実力馬が多く出走するレースでありながら、毎年人気薄の馬が好走して高配当が飛び出している。その背景には、マスコミがそういった穴馬の存在を把握していないという事実がある。そして今年も、マスコミがノーマークの穴馬が、人知れず万全の出走態勢にあるというのだ。

 穴馬の情報をキャッチしているのは、現役時代は天皇賞(春)を勝つなどトップトレーナーとして活躍したJRA元調教師の浜田光正氏だ。調教師時代に育てた弟子は、いまやJRAの調教師や調教助手として活躍し、その師弟関係や絆は誰よりも深いという。そして、天皇賞(春)出走馬の多くの関係者とも現役時代から縁があり、当然、マスコミや競馬ファンが知らないような「核心の情報」が多く飛び込んでくるという。一例を挙げれば、キタサンブラックを管理する清水氏は助手時代、浜田氏に師事していた。

 しかも浜田氏は、昨年の天皇賞(春)もカレンミロティックの好走を事前に把握して馬連2万160円を的中させており、入手しているという穴馬の存在が気になるところだ。

名伯楽といわれた元JRA調教師の浜田光正氏

 そんな浜田氏が入手した天皇賞(春)の情報を公開してくれるサイトがあるという。それは、関西馬情報のパイオニアで、関西馬情報をほぼ独占している「チェックメイト」だ。

「競馬は、まず関西馬と関東馬の格差を知ることが馬券的中への第一歩です。昨年は、関東馬の1538勝に対し関西馬は1920勝で、“東西格差”は約400勝と大きく水を開けています。結構な差であることがおわかりいただけるでしょう。また、重賞レースになるとその差はさらに拡大します。関西馬は、関東馬の2倍ほどの勝利数をあげているのです。このように、『関西馬が強い』『関西馬が多く馬券に絡んでいる』『関西馬を知ることが的中への近道』ということがおわかりいただけるでしょう。私たちは、その基本である『関西情報』を今後も追求し続け、競馬ファンに有益な情報と結果をお届けしてまいります」(チェックメイト担当者)

 彼らが関西馬情報を入手できるのは、元調教師など多くの関西競馬関係者が所属し協力しているからだ。こういったスタイルは全国的にも珍しく、おそらくすべてのマスコミを加味しても業界屈指の存在といえるだろう。さらに、天皇賞(春)に関して、次のように語る。

「関係者だけが知る本当の関西馬専門情報を知りたいと感じたなら、それはベストタイミングです。ちょうど今週は、初めて当社を利用される方を対象に、『天皇賞(春)の3連単勝負買い目』を無料公開する特別企画を実施します。この関西馬情報で競馬の真実を知っていただきたいですね。馬券で狙える馬、狙えない馬、その答えはぜひ当サイトでご確認ください。そのほかにも、関西馬情報の特別無料公開や、他のレースにおける情報網独自の推奨馬など、無料で多くの情報をお届けしています。我々の関西馬情報で馬券ライフはもっと充実するはずです」(同)

 直前に迫った天皇賞(春)。歴史に残る名勝負となりうる一戦をぜひ観戦し、そしてチェックメイトがオススメする無料情報で馬券勝負してもらいたい。
(文=編集部)

無料公開CLICK → 「天皇賞(春)3連単勝負買い目」

※本稿はPR記事です。

天皇賞(春)、「超エリートvs.雑草」に注目!圧倒的2強に割って入るのは「関西馬」?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラック北島三郎天皇賞(春)武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!