NEW

セブン&アイ、「鈴木敏文派」幹部や次男が退任で鈴木色一掃…創業家御曹司へのパワーシフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セブン&アイHD・井阪隆一社長(ロイター/アフロ)

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、創業家回帰を進めている。2016年5月、25年にわたってグループの経営を率いてきた鈴木敏文氏が会長を退き、コンビニエンスストア事業子会社のセブン-イレブン・ジャパン社長だった井阪隆一氏が社長に就任した。このトップ交代は「セブンの乱」と呼ばれたが、陰で創業者の伊藤雅俊氏の意向が働いたとの声が多い。

 この「セブンの乱」の勝者と敗者で、はっきりと明暗が分かれた。

 セブン&アイHDは4月6日、17年2月期決算を発表したが、この会見では創業家出身の伊藤順朗取締役常務執行役員が井阪隆一社長の隣に座った。“セブン&アイHDの顔”の交代を映し出す光景だった。

 伊藤氏は、セブン&アイHD名誉会長でイトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏の次男。1982年に学習院大学経済学部経営学科を卒業し、三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)に入行。退社後、米クレアモント大学経営大学院に留学、MBA(経営学修士)を取得。ノードストローム社を経て、90年にセブン-イレブン・ジャパンに入社。2002年に取締役、07年に常務執行役員マーケティング部長に就任。09年5月から持ち株会社であるセブン&アイHDに転籍し、取締役執行役員事業推進部シニアオフィサーに就き、14年4月から取締役執行役員CSR(企業の社会的責任)統括部シニアオフィサーを務めていた。

「セブンの乱」後、伊藤氏は経営中枢に入った。16年12月に取締役執行役員から取締役常務執行役員へ昇格して経営推進室長に就き、17年3月には事業子会社イトーヨーカ堂の取締役を兼務した。そして4月6日の決算会見でメディアの前にデビューしたのである。

セブン&アイ、「鈴木敏文派」幹部や次男が退任で鈴木色一掃…創業家御曹司へのパワーシフトのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、セブン-イレブンセブンの乱セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!