NEW

「神の遺志を継ぐ男たち」の決断…最強予想陣の超難解レース・ヴィクトリアマイル渾身予想

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「競馬予想の神様」の遺志を継ぐ男たちを率いる、ホースメン会議総監督の能勢俊介

競馬の神様・大川慶次郎

「競馬予想の神様」と呼ばれた人物がいる。唯一無二の競馬理論と相馬眼を持ち、競馬予想という分野を社会的に確立させた実績を持つ。1レースから12レースまで、1日に行われるすべてのレースを的中させる「パーフェクト予想」を4度も達成した伝説は、今も色あせない。それが、今は亡き大川慶次郎氏だ。

 現在、一線級で活躍する予想家や競馬評論家の多くは大川氏の影響を受けており、同氏は日本の競馬予想を格段に進化させた人物といっていいだろう。

 その大川氏は、競馬ファンを第一に考え、「一人でも多くの方に競馬の素晴らしさと勝つ喜びを届けたい」という思いから「ホースメン会議」を設立し、実際に多くの競馬ファンへ「確かな情報」「本物の予想」を提供してきた。

 ホースメン会議は今年で創業36年になるが、その存在感は今も業界ナンバーワンといっていいだろう。大川氏亡き後も、一番弟子として知られる能勢俊介氏、日刊スポーツの本紙予想を25年も任されてきた堀内泰夫氏、G1レースを制覇した元JRA騎手の東信二氏など、錚錚たる顔ぶれが大川氏の遺志を引き継ぎ、「会員の利益のために、絶対の自信が持てる予想のみを提供する」という基本理念を貫いて活動している。

 日本全国には数百万人の競馬ファンがいて、そのなかには毎週のように馬券で儲けている人もいるだろう。ただし、本当に当たる予想は、まず世の中に出てこない。なぜなら、予想を他人に伝えることで、自分が買いたい組み合わせのオッズが下がるのを嫌うからだ。つまり、予想を他人に公開するのは自らの利益を失うことにつながる矛盾行為といえる。

 ただし、それはある意味、低いレベルの話といっていいのかもしれない。ホースメン会議は、そんな矛盾とは関係なく、ただ大川氏の遺した信念に基づいて予想を競馬ファンに公開しているのだ。

 そこには、自分たちの利益ではなく、純粋に競馬ファンの利益のみを考えている姿勢が感じられる。今回は、多くの競馬ファンや競馬関係者から支持され、競馬ファンに多大な利益をもたらしてきたホースメン会議について検証していきたい。

最高決定会議がすごい

 前述したようにホースメン会議は「会員の利益のために、絶対の自信が持てる予想のみを提供する」というのが基本理念。その情報網が陣営の勝負話などの情報を入手し、業界の誰もが「最強」と認める予想陣が出走各馬の能力分析を行っている。そして、それぞれの情報を照らし合わせて勝負レースとなり得る候補を選出する。

 最終段階では、予想陣が一堂に会する「最高決定会議」を開催してレースを取捨選択する。そのうえで、「獲れる根拠と儲かる自信」があるレースのみを1日1~3鞍に厳選して会員に提供している。

最高決定会議の風景。左から日刊スポーツ本紙歴25年の堀内泰夫、元JRA騎手である東信二、総監督の能勢俊介、レース解析のプロと呼ばれる佐々木利光

 創業より36年間で培った「業界最大規模」といわれる人脈を誇り、仕入れた「確かな情報」を最強予想陣が「本物の予想力」で分析している。これは、同業他社や一般マスコミと明らかに一線を画しているところだ。

 この過程を経て会員に届けられた情報の実績は、さすがというほかない。22日は福島牝馬ステークスで3連単2万4790円、23日は重賞のマイラーズカップで3連単1万2430円と、重賞万馬券をダブル的中させた。そのほかにも、この2日間で7本の万馬券を的中させている。

 また、今年に入って、G1レースでは高松宮記念で3連単2万3880円、桜花賞で3連複5020円を的中、重賞レースでも金鯱賞で3連複5万6390円という高配当を的中させている。

 昨年のG1レースでは、秋華賞の3連単9万5520円というビッグヒットを筆頭にフェブラリーステークス、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、阪神ジュベナイルフィリーズ、有馬記念などの各レースで、馬連・3連複・3連単の“完全的中”を達成した。大きなレースになればなるほど実績があるのは、競馬ファンにとって非常に心強い。

ヴィクトリアマイルの有力馬ミッキークイーン

 今週末は、東京競馬場で「春の女王決定戦」第12回ヴィクトリアマイルが行われる。このレースは、波乱が続出する春競馬のなかでもトップクラスに難解なレースだ。しかし、ホースメン会議は、すでに的中に直結する“核心の情報”を得ているという。スタッフの見解を見ると、かなりの手ごたえを感じている様子が伝わってくる。

「ヴィクトリアマイルは牝馬限定のレースですが、その後には牡馬混合戦のG1レースが安田記念、宝塚記念と控えている状況です。ある陣営が『牝馬限定のここが大目標で、もし春にもう一戦使うとしても、次走は今回以上のデキにはならない』と語るなど、レースに対する本気度に関する話が入りやすい一戦です。たとえば、新聞など一般メディアでは堂々と『ここは叩き台』といったコメントはまず載りませんが、出走馬の関係者とも近しい間柄の当社情報網は、各陣営の本音を取得することも可能です。ヴィクトリアマイルは、各馬の分析はもちろんのこと、こういった情報の精査が非常に重要なレースといえます。当然、当社はすでに出走各馬の陣営の声を入手し、穴馬となる存在も把握しています。ぜひともご期待ください」(ホースメン会議スタッフ)

 注目すべきは、このホースメン会議が『ヴィクトリアマイルの鉄板3点勝負』として、馬連3点の買い目を無料で提供するということだ。しかも、仮にこの予想が不的中だった場合、その後4週間にわたって『1日1鞍の渾身予想』の無料公開を継続するという粋なサービスもある。

このヴィクトリアマイル無料予想は、「創業36年の実績と信頼に裏打ちされた当社の実力を知っていただくため」とスタッフが語っているように、自信がなければできないことだ。今週末は、大川氏の遺志を継ぐ業界最強のプロ集団が提供する「最高の予想」を無料で手に入れる絶好のチャンス。ぜひこの機会を逃さないでいただきたい。
(文=編集部)

無料公開 → 「ヴィクトリアマイル鉄板3点勝負」

※本稿はPR記事です。

「神の遺志を継ぐ男たち」の決断…最強予想陣の超難解レース・ヴィクトリアマイル渾身予想のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ヴィクトリアマイル万馬券大川慶次郎の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!