NEW

『サヨナラ、えなりくん』放送事故か…えなりがまゆゆの顔撫で撫で、食べ物を人にかける

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺麻友
 AKB48・渡辺麻友主演の連続テレビドラマ『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系)の第1話が、4月30日深夜に放送された。


 主人公の桐山さおり(渡辺)は、多彩な恋愛遍歴を持つ25歳・独身で、現在は“純愛”を求めて婚活に励んでいるが、いつも出会うのは裏の顔を持つ男性ばかり。そんな彼らにヒドい仕打ちを受けるたびに、さおりは特殊能力を発揮するという設定だ。

 第1話では、さおりは婚活パーティーでイケメン社長・下野倉保(石垣佑磨)と出会い交際を開始するも、純愛を目指すさおりは「手をつなぐのは3回目のデート、肩を組むのは7回目のデート」というルールを下野倉にのませる。しかし、下野倉はデートのたびに「お互いの指先をちょこっとだけ触れる」や「ハイタッチ」などの行為を要求してきて、さおりは戸惑いつつもその要求を受け入れる。また、いつもデートがきっちり2時間制であることを、馴染みのバーの店長で友人の村ちゃん(池田成志)から怪しまれるが、さおりは下野倉の「仕事が忙しいから」という説明を真に受けている。

 そしてついに下野倉の自宅でデートする日、待ち合わせ場所である村ちゃんのバーに下野倉が現れると、前日会った際には解れていた下野倉のジャケット袖のボタンが、4つとも色違いの糸で縫われており、さおりは下野倉を詰問する。すると突然、下野倉のバッグから大きな振動音がしたため、さおりがそのバッグを取り上げると、中からけたたましく鳴るたくさんのスマートフォンが出てきて、ディスプレイには複数の女性の名前が――。

 さおりは下野倉をロープで縛り付け、下野倉にごま塩をふりかけ、背中を叩きながら「えなり! 出てこい!」と何度も唱えると、下野倉に取り憑いていた「えなり」(えなりかずき)が登場。今度はえなりにごま塩をふりかけると、えなりがその場から去っていくところまでが、第1話で放送された。

ただただ気になるドラマだ


 このドラマは30分モノだが、えなりが登場する最後の数分間以外、つまりスタートから約20分が経過するまでは、何も起こらず、何一つ見どころがない。つまり「えなり登場」までの長いフリといえる。それゆえ、えなりが登場するシーンでは、約20分間もずっとつまならい展開を我慢させられていたこともあり、結構笑えてしまうのが悔しい。

『サヨナラ、えなりくん』放送事故か…えなりがまゆゆの顔撫で撫で、食べ物を人にかけるのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、えなりかずきサヨナラ、えなりくん渡辺麻友の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!