NEW

観月ありさや波瑠の主演は失敗?『あなたのことは~』『櫻子さん~』…明暗分けた女優たち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像は波瑠主演のTBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』(公式サイトより)

 4月期ドラマもすべての作品が複数回の放送を終えた。今期は、話題作のいくつかについて共通して気になることがある。それは、「主演はホントにその女優でよかったのか?」という疑問だ。

 その筆頭は、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)で九条櫻子を演じる観月ありさ。原作では20代半ばとされている櫻子を40歳の観月が演じるとあって、放送開始前から批判が多かった。ドラマでは観月の実年齢に合わせて櫻子の年齢設定も改変している可能性が大きいが、それはそれで「なぜ20代の女優ではダメだったのか」と言いたくなる。

 ドラマ化に伴う原作の改変がすべて悪いとは思わないが、20代を40代に改変したのなら、それなりの必然性が必要だろう。だが、観月演じる櫻子はとても40代とは思えない服装と振る舞いで、おばちゃんが無理に若づくりしているのを見た時のような微妙な気持ちになってしまう。20代の櫻子に設定された“変人お姉さん”のキャラクターそのままなのだ。これは「変人である40代女性」といったキャラクターを設定しきれなかった演出側に問題があると思うが、観月にオファーした制作側もそれを受けた観月も率直にいってズレている。もしかしたら、脇役で登場する新川優愛を抜擢したほうが化けたのではないか。

波瑠は好感度だだ下がり

 次に挙げたいのは、『あなたのことはそれほど』(TBS系)で不倫におぼれていく人妻を演じる波瑠。この作品については起用した制作側というより、出演を決めた波瑠に「もう少し仕事を選んで」と言いたい。波瑠が演じるのは、偶然再会した中学時代の同級生を運命の人と信じ込み、罪の意識も抱かずに夫を裏切る新婚の女性。いい大人なのに恋を夢見る少女のようなことばかり言い、親友の忠告も無視して身勝手な行動を繰り返す。「こんなクズな主人公を見たことがない」と視聴者から声が上がるほどで、「なぜ波瑠はこんな役を受けたのか」「波瑠のことが嫌いになりそう」など、評判もすこぶる悪い。「朝ドラ主演で貯めた“好感度貯金”を一気に吐き出した」との指摘もある。

 それだけ嫌われるのはクズ女を体当たりで演じている証拠ともいえるだけに、女優としてマイナスとばかりも決めつけられない。清純派のイメージばかりでは役どころが広がらないという事情もあるだろう。だが、ブレイクしてまだそれほどたっていないだけに「汚れ役はまだ早かったのでは」というのが正直な感想だ。

『おんな城主 直虎』(NHK)主演の柴咲コウについても、よくやっているとは思う半面、役にぴったりとはまって来ない感じがある。一言で表すと、領主としての重みが感じられないのだ。ただ、もしかしたら直虎の若い頃を見せるためにあえて軽く演じているだけで、直虎が年齢と経験を重ねるにつれて、柴咲も抑えた演技や重みのある演技を見せてくれるのかもしれない。今後の変化に期待したい。

 これらとは対照的に、主演で女優としての評価を再び上げたのは沢尻エリカだ。『母になる』(日本テレビ系)において、3歳で誘拐された息子に9年たって再会した母親を熱演。視聴率こそ伸びていないが、そのけなげな姿に毎週涙する視聴者は多い。沢尻といえばいまだに「別に……」のイメージが強いだけに、母性愛や家族愛にあふれた今回の役はイメージ回復にうってつけ。息子がいなくなったことで自分を責めて号泣するシーンや、再び家族3人で一緒に暮らせることになってうれしいのに泣きながら元の夫(藤木直人)にポップコーンをぶつけるシーンなど名場面も続出し、「やっぱりエリカ様の演技はすごい」と視聴者の評価もうなぎ上り。主演に限らず、またいろんなドラマのさまざまな役で演技を見たいと思わせてくれる。

 観月ありさや波瑠についても、最終回が終わった時には「やっぱりこの女優で正解だった」と思いたいものだが、果たしてどうなるだろうか。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

観月ありさや波瑠の主演は失敗?『あなたのことは~』『櫻子さん~』…明暗分けた女優たちのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビドラマ沢尻エリカ波瑠観月ありさの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!