NEW

流行の女子高生デート援交、どこまでヤラせてくれる?普通のデートに金払う男たち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 東京都で全国初となる規制条例案が可決され、女子高生が制服姿で接客する「JKビジネス」が、ついに今夏から規制されることになりそうだ。


 秋葉原や池袋などにあるJKリフレ店は、女子高生が男性客に密着するサービスが労働基準法違反にあたるとして、たびたび摘発されてきたが、派遣型のリフレ店に衣替えするなど、店側はあの手この手で対抗してきた。しかし、規制条例が施行されれば、こうしたJKビジネスは都内から姿を消すことになる。

 そんななかで増えているのが、「デート援交」を行う女子高生だ。デート援交とは、従来の金銭と引き換えに性行為をする「援助交際」と違い、客との性行為は一切なし。女子高生たちが見ず知らずの男性と食事や買い物をすることでお金をもらう、いわば新たなビジネス形態である。

 いったい、デート援交とはどんなものなのか。デート援交を複数回行ったことのある女子高生に話を聞き、その実態を探った。

1時間5000円で食事や買い物、接触は一切禁止


 待ち合わせ場所に現れたあすかさん(仮名)は、神奈川県内の学校に通う高校3年生。セミロングの黒髪に、上は“ドフラミンゴ系女子”とも呼ばれる白のもこもこアウター、下はギンガムチェックスカートというガーリーなファッションで、女優の宮崎あおいに似たおしゃれな美少女だ。あすかさんによれば、読者モデルのスカウトに何度も声をかけられたことがあるという。

 彼女がデート援交を始めたのは、高校2年生だった昨夏のことだ。

「仲のいい友達が『いいバイトがあるよ』って教えてくれたのが、始めたきっかけです。1時間で5000円ももらえて、食事代も出してくれるし、『洋服や化粧品を買ってくれる人もいるよ』って……。バイトとして割りがいいので、まわりにもやっている子は多いです」(あすかさん)

 デート援交は、JKビジネスに対する風当たりが強まるなかで、女子高生たちの間で自然発生的に生まれて流行している新たな稼ぎ口だ。

 彼女たちが客を見つける場所は援助交際と同様にインターネット上だが、デート援交の場合、ツイッターを利用するのが特徴だ。実際、ツイッターで「#デート援」と検索すると、女子高生を名乗る書き込みが数多くヒットする。

 18歳未満の出会い系サイトの利用は法律で禁じられているため、必然的にツイッターを通じてデート相手を見つけることが多くなるのである。

 あすかさんもツイッターでデート相手を募集し、1年半ほどで約15人とデートしたという。料金とデート内容は女の子によって違うが、相場はだいたい「1時間3000~5000円プラス交通費1000円」。内容は、食事や買い物といったごく普通のデートのみ。性行為や体の接触は原則禁止というのが一般的なルールだという。

 とはいえ、お金を払って女子高生とデートしようとする以上、なんらかの下心を持つ客も多そうに思える。そこで、あすかさんに「嫌なことをされたことはありませんか」と聞いてみたが、彼女は「なかった」という。

「私の場合、前もって『手をつなぐこともできません』と伝えているし、カラオケや漫画喫茶などの個室で2人きりになることもNGなので、エッチなお誘いすら、まったくされたことがないです。ただ、『それは運がよかっただけだよ』といわれれば、そうかもしれないけれど……」(同)

流行の女子高生デート援交、どこまでヤラせてくれる?普通のデートに金払う男たちのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、JKビジネスデート援交女子高生東京都の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!