NEW

藤田菜七子が絶好調!「女の戦い」が熱い!ヴィクトリアマイル、配当30倍が狙える馬券?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
過去には2000万馬券も飛び出したヴィクトリアマイル

競馬も「女性」が熱い!

 各スポーツで女性選手の活躍が目立つが、日本中央競馬会(JRA)でも唯一の現役女性ジョッキー、藤田菜七子が絶好調だ。

 先週は土曜日に今年3勝目をあげ、続く日曜日も勝利。共に人気はない穴馬だったため、彼女の追っかけファンは“おいしい”馬券を手にしたことだろう。このペースでいけば、昨年を上回るJRA年間2桁勝利も見えてくる。仮に、年間10勝達成となれば、女性騎手としては史上2人目となる素晴らしい記録だ。

 藤田は大手芸能事務所ホリプロに所属してタレントとしても活動しているが、やはり本職の騎手で話題になるのが、本人の望むところだろう。デビューした昨年は通算14勝したがJRAでは6勝にとどまっている。今年は昨年を上回るペースであることからも、さらなる躍進が期待される。彼女が尊敬する武豊をはじめとするトップジョッキーとはまだまだ実力の差は大きいが、いずれはG1レースの大舞台でその雄姿を見たいものだ。

 “女性”ががんばっているのは、人間だけではなくサラブレッドも同様だ。今週末は春の女王決定戦と位置付けられている第12回ヴィクトリアマイルが行われる。2006年に新設された古馬牝馬限定のレースで、過去にはウオッカ、ブエナビスタ、アパパネといった名牝が人気に応えて優勝してきた。一方で07年には歌手の前川清が馬主であるコイウタが12番人気から優勝、さらに15年にはG1レース史上最高配当となる2070万5810円という衝撃的な馬券が飛び出したこともあり、一獲千金を狙う穴党がもっとも期待するレースとなっている。

 今年も2000万馬券というようなビッグな配当が出るとは限らないが、それでも好配当は必至といっていい難解なメンバー構成となっている。言い換えれば、素人では的中させにくい難しいレースであることも示しているといえよう。

配当30倍が狙える馬券

 今年の出走予定馬で、もっとも人気を集めるのはG1レース2勝の実績を誇るミッキークイーンと思われる。そんななか、ある競馬プロ集団が、

「確信の穴馬で30倍の配当が狙える鉄板3点勝負」

を特別無料配信するという情報をキャッチした。30倍ということは、1000円が3万円、1万円が30万円の払い戻しとなる、なかなかの好配当だ。しかも、こんな特別情報を無料で教えてくれるというなら、これは聞かない手はない。

 そのプロ集団とは、創業36年の実績があり、競馬を知り尽くす競馬評論家、元JRA騎手、プロ予想家といった最強のメンバーが揃う「ホースメン会議」だ。競馬ファンなら聞いたことがあるだろう。予想のプロ集団であり、その実力は本物だ。

 昨年のヴィクトリアマイルも的中させているのはもちろん、ゴールデンウィークでも、週1~3鞍の厳選された提供レースの中から、勝負度合いの高い実験レースとして提供された日曜京都10Rでの2万6610円や、重賞の新潟大賞典での1万610円など、数々の万馬券を的中させており、現在もその予想力に陰りはない。また、所属する予想陣の的中率は70%以上(2月25日~3月20日)と破格の高数値を記録しており、20~30%程度の的中率の一般マスコミとは比較にもならない。

 なかには10%に満たない的中率でプロ予想家を喧伝する“まがいもの”がはびこる業界において、これだけの数字を記録できるのはそれだけの理由がある。それが前述した、競馬を知り尽くす元JRA騎手、競馬評論家、プロ予想家といった最強のメンバーたちだ。

 ホースメン会議の総監督である能勢俊介氏は、創設者で“競馬の神様”と呼ばれた故大川慶次郎氏の唯一の後継者。20代で競馬専門紙の看板評論家となり、33歳の時に当時最年少として本紙予想を担当。その後はグリーンチャンネルの解説者として「結果分析」を担当するなど、その情報分析力と予想力は業界の誰もが“現役最強”と舌を巻くほど。

 また、元JRA騎手である東信二氏は、騎手時代に皐月賞、菊花賞、有馬記念などのG1レースを制した名騎手だ。後輩騎手からの“大ヤリ勝負話”を入手することができ、ジョッキーの本音を知ることが可能な存在である。

元JRA騎手の東信二氏

 さらに、業界最大手のスポーツ紙・日刊スポーツの本紙歴25年以上の実績がある堀内泰夫氏は、今も美浦トレーニングセンターに通い、ハードな取材をこなしている。安定感のある予想は業界随一の呼び声が高く、長きにわたってトレセンに通い詰めていることからも、さまざまな関係者の本音を聞きだすことが可能な存在だといえるだろう。

 この3名以外にも、輝かしい実績を持つプロたちが所属し、多様な情報を集め徹底的にレースを分析、そして的中を確信したレースのみの予想を提供しているという。彼らは、今週のヴィクトリアマイルについて次のように語り、相当な自信を示す。

「牝馬限定のレースですが、その後には牡馬混合戦のG1レースとして安田記念と宝塚記念が控えています。春シーズンの真ん中に開催されるということもあり、陣営によっては『牝馬限定のここが大目標で、もし春にもう1戦使うとしても次走は今回以上のデキにはならない』という話など、本気度に関する話が入りやすい1戦なのです。

 例えば、新聞など一般メディアでは堂々と『ここは叩き台』というコメントなどはまず載りませんが、出走馬の関係者とも近しい間柄の当社情報網は、各陣営の本音を取得することも可能です。各馬の分析はもちろんのこと、こういった情報の精査が非常に重要なレースといえます。

 当然、当社はすでに出走各馬の陣営の声を入手しており、穴馬となる存在の話もキャッチしております。『馬連3点で30倍の配当が狙えるレース』を、ぜひともご期待ください」

 なお、このホースメン会議が提供するヴィクトリアマイルの無料予想が仮に不的中だった場合、その後4週間『1日1鞍の渾身予想』の無料公開を継続して提供するという。これも、強い自信の表れだろう。

 さらに、ヴィクトリアマイルの予想以外にも「G1スペシャル分析」を無料公開する。その内容は、ホースメン会議調教班による『出走馬全頭の追い切り報告』や、直前までに収集した一部の情報を含めた『全頭徹底分析』などで、誰でもチェックすることができるという。

 今週のヴィクトリアマイルを的中させ、来週の優駿牝馬(オークス)、そして再来週の大一番である東京優駿(日本ダービー)に向けて、財布を厚くしておきたいところ。そのためにも、ホースメン会議の「無料鉄板3点勝負」は必見だ。
(文=編集部)

無料公開 → ヴィクトリアマイル「鉄板3点勝負」

※本稿はPR記事です。

藤田菜七子が絶好調!「女の戦い」が熱い!ヴィクトリアマイル、配当30倍が狙える馬券?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAミッキークイーンヴィクトリアマイル藤田菜七子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!