NEW

フジ『人は見た目~』の「リケジョ=ダサい」偏見に批判噴出「むしろダサいほうがモテる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐谷美玲
桐谷美玲がリケジョ!?」と、いろいろな意味で話題となっているドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)。大久保ヒロミの同名漫画を原作に、女子力の低いイケてない理系女子、いわゆる“リケジョ”が美を追求して奮闘する姿を描くラブコメディだ。


 しかし、このドラマに対しては、本物のリケジョたちからブーイングも出ているという。「リケジョ=女子力がない」は単なる偏見で、そんなことはないというのだ。

 では、実際のリケジョの日常はどのようなものなのか。研究職などに就くリケジョに聞き取り調査を行い、その実態を探った。

「ズボラ」と「素敵」の差が激しいリケジョ


 ドラマは、桐谷演じる城之内純、水川あさみ演じる前田満子、ブルゾンちえみ演じる佐藤聖良のイケてないリケジョ3人が、東京・丸の内にオフィスのある化粧品メーカーの研究所に転属になったところから、本格的に始まる。

 以前の職場では毎日すっぴんで女子力ゼロ、“女子モドキ”だった3人だが、丸の内の同僚は女子力の高い素敵女子ばかり。その華やかさに圧倒された3人は、就業後に流行のメイクやファッションについて研究を重ね、美を追求していく……という内容だ。

「世界で最も美しい顔100人」に選出された桐谷が「女子モドキ?」というツッコミはさておき、リケジョに対する世間一般のイメージが「すっぴん」「おしゃれに縁遠い」といったものであることは事実だろう。

 しかし、本物のリケジョたちに聞いてみると、「リケジョに対する先入観には、いつも違和感を抱きます。理系職の知り合いは、普通にオシャレに興味を持っていますよ」(26歳/電機メーカー/研究職)といった声が続出した。

「基本的に内勤ですし、実験中は動くことも多いので、丸の内のOLに比べればラフな格好をしているかもしれません。ただ、私のまわりも服装に気を使っていますし、文系のキャリア志向の人とそんなに変わらないと思います!」と憤慨するのは、「38歳/製薬会社/研究開発」のリケジョだ。

「服装やお化粧に関しても、『自分の顔に映えるのは何色かな?』程度のことは考えます。リケジョだって、ほかの女子と同じです!」(同)

 ただし、ファッションやメイクに関してはリケジョならではの制約が存在するのも確か。「31歳/繊維メーカー/技術職」のリケジョは、「品質管理という仕事柄、勤務中は化粧の類いは禁止です。でも、休日は普通のOLと同じように、気にせず好きな格好をしています」という。「リケジョ=すっぴん」というイメージには、こうした事情もありそうだ。

 その一方、リケジョは個々の女子力の差が激しいという意見もある。

「平均的な値からすると、世間的なリケジョのイメージは的を射ている部分もあります。でも、一人ひとりを見た限りでは、リケジョは『ズボラ女子』と『素敵女子』の差が極端という印象です」と話すのは、「29歳/半導体メーカー/SE」のリケジョだ。

フジ『人は見た目~』の「リケジョ=ダサい」偏見に批判噴出「むしろダサいほうがモテる」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ドラマフジテレビ人は見た目が100パーセント桐谷美玲の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!