NEW

ニトリ銀座店が「神ってる」!激安&超便利な家庭用雑貨・台所用品・家具の宝庫!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニトリ HP」より

 家具・インテリア製造販売チェーンの最大手であり、「お、ねだん以上。ニトリ」のキャッチフレーズでお馴染みのニトリホールディングス(以下、ニトリ)が絶好調だ。

 2017年2月期連結決算は、売上高が5129億円、経常利益が875億円という優秀な数字だったのだが、実は30年連続で増収増益という快挙を成し遂げていたのだ。

 そんなニトリだが、近年、店舗の出店戦略で大きな舵を切ったことは記憶に新しい。それまでは郊外のロードサイドなどに店舗を構えることが多かったニトリだが、現在は都市部への出店も加速させているのだ。

 15年4月24日に銀座にあるプランタン銀座(現マロニエゲート銀座2/以下、ニトリ銀座店と呼ぶ)の6階に出店したことを皮切りに、中目黒駅前や上野マルイ店内へも出店し、16年12月1日には東京の主要ターミナル駅・新宿駅のほど近くにあるタカシマヤタイムズスクエア内にも出店。17年3月には同じく東京の主要ターミナル駅である池袋駅に隣接する東武百貨店池袋本店にも出店した。

 とりわけ、初の百貨店内進出と同時に都市部出店への足掛かりとしたニトリ銀座店は評判がよく、都心で働く女性層やマイカーを持たない都心のファミリー層からの支持を集めているという。

 JR山手線 有楽町駅、東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅、東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅の3駅すべての駅から徒歩5分圏内にあり、立地に恵まれているニトリ銀座店。仕事帰りや買い物帰りに立ち寄りやすく、「あるとスゴイ便利なものがたくさんあって、しかも安い」といった声が多い同店が、評判通りなのかどうか確かめるべく筆者は実際に足を運んでみた。

ニトリ銀座店利用者からは不満の声はほぼ皆無


 筆者がニトリ銀座店に足を運んだのは、とある土曜日の13時頃。やはり週末ということもあり、見るからに客数も多く、混雑していた。店内の通路がもともと広いわけではないため、少し手狭にも感じたが、それでもゆっくりと商品を見られるスペースは確保されている。

 6階のフロア全てが売り場となっており、白を基調とした内装で落ち着いた雰囲気。またスタイリッシュな家具やインテリアのおかげもあって、ハイソな雰囲気の家具店といった印象だ。さすがに郊外にある他のニトリの大型店舗などと比べると大きな家具は少ないが、その分、寝具・インテリア・日用品雑貨などの取り揃えに重点を置いているようだ。

 ここで、ニトリ銀座店の利用経験がある一般消費者の声をいくつか紹介したい。

「学校帰りに友達と行ったことがあります。家具店なのに小物やかわいい雑貨が意外と多くて楽しめました」(10代女性・大学生)

「子供が最近おもちゃを散らかすのでバスケットを買いに来たのがきっかけでしたが、便利な小物グッズがいろいろと置かれていていいですね。実際、家でも重宝するものが多いです」(20代女性・主婦)

「僕の妻はIKEAが好きなのでよく一緒に連れていかれるのですが、IKEAは店内を回る際に順路がある程度決められていて、探しているものが売っているゾーンに辿り着くまでに時間がかかるんですよね。だから、IKEAよりも欲しいものがすぐに見つかるニトリのほうが、店舗レイアウトはいいですよ」(30代男性・会社員)

ニトリ銀座店が「神ってる」!激安&超便利な家庭用雑貨・台所用品・家具の宝庫!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、IKEAインテリアニトリホールディングスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!