NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

幼稚園から受験勉強→一流大学卒業でも、最悪に不幸な人生を送る人もいる現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方で、人間ドックはちょっと違いますね。がんの疑いが見つかって、その後検査に回されて、異常なしとなることも少なくありません。実はがんではないのにがんの疑いを掛けられて、精密検査に回されて、最後は異常なしとなると、お金も時間も、そして精神的苦痛も生じます。最初から人間ドックにいかなければ起こらなかったことです。お金だけの問題ではすまされないことが起こりますね。

 でも、あとからがんが見つかって、人間ドックを受けてもっと早く治療を始めていれば助かったかもしれないという後悔は、人間ドックを受けていればまったく生じませんね。僕とは違って後悔したくない人が、少しでも後悔しないためにワクチンを接種したり、人間ドックを受けることを僕はまったく否定しませんよ。それは性格の問題だからです」

 常識君のコメントです。

「人は後悔するようにできているのです。ですから、一生懸命少しでもいいことを探して生きています。受験勉強も似ています。いい大学に行けば、よりよい人生が送れる可能性が高い。だから、中学生から、小学生から、いやいや幼稚園から受験勉強をしたほうが後悔しないというストーリーです。塾の広告などを見ると、『○○大学××人が合格』などと書いてあります。嘘のない事実ですばらしい成果です。

 問題は、幸せな人生を送るための手段の一つが、よりよい大学進学と思われていることです。本当はその先の結果を知りたいのです。その後の人生をいかに幸せに送ったかを。でも幸せの尺度が明確ではない、そして何が幸せにたどり着く手段かわからないので、後悔しないためにこぞって大学受験競争に参加することが多いのでしょう。それが今できる後悔しない選択肢に思われているからです。医療と同じ構図ですね」

 後悔しやすい性分の極論君と、後悔しない性格の非常識君の、妙に噛み合った会話でした。
(文=新見正則/医学博士、医師)

●新見正則(にいみ・まさのり)
1959年生まれ
1985年 慶應義塾大学医学部卒業
1985年~ 慶應義塾大学医学部外科
1993~1998年 英国オックスフォード大学医学部博士課程
1998年~ 帝京大学医学部外科に勤務

幅広い知識を持つ臨床医で、移植免疫学のサイエンティスト、そしてセカンドオピニオンのパイオニアで、モダン・カンポウやメディカルヨガの啓蒙者、趣味はトライアスロン。著書多数。なお、診察希望者は帝京大学医学部附属病院または公益財団法人愛世会愛誠病院で受診してください。大学病院は紹介状が必要です。

幼稚園から受験勉強→一流大学卒業でも、最悪に不幸な人生を送る人もいる現実のページです。ビジネスジャーナルは、連載、インフルエンザワクチン人間ドック子宮頸がんワクチンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!