NEW

最大級イベント・日本ダービー、波乱の予兆…「万馬券のプロ」が狙う究極の隠し玉

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年はマカヒキとサトノダイヤモンドが接戦を演じた

 今年も“熱い1週間”が始まった。5月28日に行われる第84回東京優駿(日本ダービー)は、日本全国約1000万人の競馬ファンが注目し、例年250億円ほどの馬券が購入されるビッグイベント。東京競馬場には13万人を超える競馬ファンが集まるが、日本でこれを上回る規模のスポーツイベントはほとんどないだろう。

 そしてこの1週間は、多くのテレビやスポーツ紙、インターネットや競馬ファンのSNSなどでも話題となり盛り上がっていく。当日の東京競馬場には日本中央競馬会(JRA)のプロモーションで活動している俳優の松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳の4人が集結し、プレゼンテーターとしてレースに花を添える。

 また競馬場では当日、さまざまなイベントが催されるほか、来場者プレゼントやグルメフェアがあり、競馬ファンだけでなく女性やファミリーでも楽しめるようになっている。ダービーの独特な雰囲気、そして競馬ファンの歓声とサラブレッドがターフを駆け抜ける音、これらはライブでなければその興奮も感動も伝わらない。ダービーは一年に一度のお祭りであり、歴史的な瞬間でもあるので、これだけのビッグイベントはテレビ観戦ではなく、ぜひ競馬場に訪れ、馬券も買って楽しんでもらいたい。

 ダービーは、ディープインパクトやオルフェーヴルといった歴史的な名馬が勝利してきたが、今年はかなりの混戦模様といって間違いないだろう。

 なぜなら、中央競馬のビッグレース「3冠クラシック」(皐月賞・ダービー・菊花賞)の第一戦である皐月賞で、人気薄だったアルアインが勝ち、3連単は106万馬券というビッグな馬券が飛び出したからだ。過去に皐月賞が波乱となった場合、ダービーも同じように波乱になることが多い。たとえば、2007年、08年も皐月賞、ダービーともに波乱の結果だった。

 そういったデータからも、今年のダービーは決して堅い決着、いわゆる人気通りになるとは考えにくく、皐月賞のような大万馬券が飛び出してもおかしくはない。つまり、このダービーは一攫千金のビッグチャンスであり、また一年に一度しか馬券を買わないようなライトな競馬ファンにとっても、最高の小遣い稼ぎレースといっていいだろう。

 では、どういう馬券を買えばいいのだろうか。皐月賞の波乱を見抜けなかったマスコミや既存の予想家の予想は参考にならない。波乱必至のレースを仕留めるには、やはり波乱に強い情報力が必要。そこで注目したいのは、とにかく万馬券に強い“万馬券的中集団”の「暴露王」だ。

 万馬券は、誰でも的中できるというものではない。しかし暴露王は、「年間300本の万馬券的中」を公約に掲げ、13年は334本、14年は333本、15年は338本、16年は320本と、実際に達成してきた。

 年間300本というのは、毎週6本以上の万馬券を的中させ続けなければ達成できない。しかも、暴露王はスポーツ紙のようにすべてのレースを予想するのではなく、厳選されたレースのみの情報を提供している。今年も、先週までに110本の万馬券を的中させており、その的中率はハンパではない。

素人で万馬券は狙えない

 万馬券は、人気馬が4着以下に負ける、人気の無い馬が3着以内に入る、この2つが発生の基本的条件となっている。つまり、出走する最大18頭すべての状態や適性、陣営の思惑などを把握し、人気馬と人気薄馬の取捨選択が完全でなければならない。これは個人予想では限界があり、またすべての関係者を直接取材できず提携している他社の記事頼みという体制のマスコミも、無理な話である。

 そういった意味では、彼らが時に的中させる万馬券は“偶然の産物”といった要素が強いが、暴露王に関してはそうではない。暴露王は東西のトレーニングセンターで活動するベテラン競馬記者から全出走馬の情報を得られる体制を構築し、それを効果的に運用する手法を確立しているのだ。

 暴露王は04年に、伝説の専門紙「ダービーニュース」の元トラックマン(競馬記者)が代表として立ち上げ、今年4月で創業14年目を迎えた万馬券情報サイトの老舗

「1度でいいから大きな万馬券を的中させてみたい」

「とにかく万馬券を獲りたい」

 そんな穴馬券を求めるファンたちのために、凄腕の現役トラックマンとのみ提携し、年間300本の万馬券的中を達成している本物中の本物だ。

 トラックマンたちの実名などは公開できないようだが、彼らは

「JRAの取材証さえあれば給料はいらない」

「馬券さえ買えれば食っていける」

と豪語する凄腕の猛者ばかりという。つまり、所属する新聞社の給料がなくても、馬券を当てて生活できるだけのレベルにあるのだ。なんともうらやましい話だが、本物のプロとは、このような人たちのことをいうのだろう。

 彼らが手に入れる情報は、一般ファンでは決して知ることができない「裏の話」であり、新聞には書けない「本当の話」ばかり。素人で競馬関係者からの信頼もない“サラリーマン記者”とは情報の質もレベルが違うといえるだろう。

 最近の的中実績を見ると、その凄さに唖然とする。5月7日には東京10レースで3連単27万960円を的中。同じ日には京都11レースで3連単21万760円を的中と、発生率も低く的中も困難な20万馬券をいともたやすく仕留めている。しかもその1週前の4月30日にも、京都9レースで3連単30万7940円、29日には京都8レースで3連単11万950円を的中させているのだから、2週間で4本の10~30万馬券を的中させたことになる。こんな芸当ができるのは、この暴露王をおいてほかにはない。

 ダービーにおいても、07年に馬連5万4470円という衝撃の万馬券を的中させたほか、人気の薄い馬を本命に推して数多くの万馬券を的中させているのだ。

 暴露王は、これほどの実績があるにもかかわらず、ダービーをはじめ万馬券的中が期待できる人気コンテンツを無料で開放している。

 なかでも、ユーザーから絶大な支持を集める「Mr.サンタの馬券指南」は必見。無料でありながら、その的中率と回収率は非常に高く、万馬券もキッチリ的中させている。

 そして注目のダービーにおいても、「究極の隠し玉」といわれる伏兵の存在をキャッチしているとのことで、ますます期待が高まっている。しかも暴露王をまだ利用したことがない人に限り、その「究極の隠し玉」である『日本ダービーで万馬券のキモになる凄穴激走馬情報』を無料で公開するキャンペーンを実施するという。さらに、その情報を閲覧した人には、当日からすぐに使える5000円分のポイントがプレゼントされるという太っ腹ぶりだ。

 暴露王の情報を利用して、ダービーはもちろん、大きな万馬券を仕留めて充実した週末を送りたいものだ。ぜひ、このチャンスを掴んでいただきたい。
(文=編集部)

無料公開 → 日本ダービー究極の隠し玉「凄穴激走馬情報」

※本稿はPR記事です。

最大級イベント・日本ダービー、波乱の予兆…「万馬券のプロ」が狙う究極の隠し玉のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRA日本ダービー松坂桃李高畑充希の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!