NEW
富家孝「危ない医療」

健康法、実は体に悪いと次々判明…コレステロール抑制・粗食・減塩もかえって害に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 最近、「長生きするための健康法」というテーマの本の企画や講演を持ちかけられることが増えた。そこで、いつも言うのだが、「これといったものなんてありませんよ。健康は人それぞれ。世にいう健康法というのは、みんなどこか間違っています」ということだ。
 
 こう言うと、「それでは身も蓋もないではないですか」と言い返されるが、これは本当だ。特に最近は、これまで常識とされた健康法が、次々にひっくり返っている。

 たとえば「コレステロールを取り過ぎるのは体に悪い」とされ、何十年にもわたって摂取制限がされてきたが、これは嘘だった。コレステロールを多く含む食べ物の代表として、卵、鶏レバー、バター、肉の脂身などが挙げられ、なかでも1個につき200ミリグラム超のコレステロールを含む卵は「1日1個まで」が常識になっていた。

 しかし、コレステロールは悪玉とはいえ体には必要なものであり、血中のコレステロール値が高いほうが、肺炎やがんになりにくく、むしろコレステロール値が低い人のほうが死亡率が高いことが統計からわかってきた。

 その結果、2015年に厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で、これまで18歳以上の男性で1日当たり750ミリグラム、女性で同600ミリグラム未満としていたコレステロールの基準を撤廃してしまった。その理由は「基準を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」だった。また、時を同じくして日本動脈硬化学会も「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」とする声明を発表、健康な人では制限は必要ないとした。

 かつて、コレステロール値を下げるために病院では薬を出していた。しかし、その全部は無駄で、結局コレステロール基準値というのは患者さんのためではなく、病院のために存在していたわけだ。

 このような「健康常識の間違い」の例は、枚挙にいとまがない。血圧の基準値にしても、いまやそれには個人差があることが明白になり、血圧が160~170だろうと人によっては「正常=健康」といえることになった。

 また、「減塩」がいわれて「塩分控えめが健康のもと」とされてきたが、これも怪しくなってきた。さらに本当に生野菜が体にいいのかも、最近では疑問視されている。

 こうなると、食事による健康法はこれというものがないに等しくなった。よく「粗食が一番」と言われ、和食が健康のもとといわれるが、これも怪しい。日本の伝統的な粗食は「一汁一菜」で、肉や脂分の多いものは極力避けるが、そうなると栄養不足でかえって体を壊してしまうだろう。

健康法、実は体に悪いと次々判明…コレステロール抑制・粗食・減塩もかえって害にのページです。ビジネスジャーナルは、連載、コレステロール健康法早起きの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!