NEW

競馬人気沸騰でJRAが多額利益…復活の馬牧場、悪質ファンの非常識行為多発で馬パニック

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サラブレッド銀座(新冠町)

 中央競馬は春のG1レースが5週連続で開催され、週末の競馬場は大賑わいだ。4月末に行われた第155回天皇賞では、キタサンブラックが史上4頭目となる春の天皇賞連覇を果たし、昨年暮れの有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドを一蹴した。NHKマイルカップでは牝馬がワンツーフィニッシュを決めるなど、話題に事欠かない。

 2016年の日本中央競馬会(JRA)の勝馬投票券収入は2兆6913億4523万1440円で、純利益は586億5125万7510円と5年連続の黒字決算となった。馬券収入は最盛期の1997年の4兆円と比べると、約7割といった水準だ。

 日経平均株価で見ると、バブル期の最高値は1989年12月につけた3万8957円。最近は1万9900円(5月10日)だから、最高値の51%だ。競馬のほうが回復力は強いのかもしれない。

 競馬に話を戻そう。キタサンブラックの天皇賞連覇で、日本一の馬産地・日高は大いに盛り上がった。歌手の北島三郎がオーナーである同馬は、日高町のヤナガワ牧場生産馬だ。ヤナガワ牧場は1967年創業で繋養繁殖牝馬は約50頭。繋養繁殖牝馬とは、仔馬を出産するために養われている牝馬のことだ。ここ数年はコパノリチャード、コパノリッキー、そしてキタサンブラックがG1、Jpn1で勝利するなど、生産馬の活躍が目覚ましい。天皇賞当日、ヤナガワ牧場には日高町の三輪茂町長も駆け付け、喜びを分かち合ったという。

 中央競馬では、北海道胆振地方・社台グループの大牧場が圧倒的な力を誇っている。2016年度で見ると、次の通りトップ3を社台グループが占めている。

1位 ノーザンファーム…獲得賞金145億1441万円
2位 社台ファーム…獲得賞金78億7189万円
3位 社台コーポレーション白老ファーム…獲得賞金27億156万円

 ちなみに、キタサンブラックのヤナガワ牧場は8位で、獲得賞金は11億7464万円だった。

 ノーザンファームの出走頭数は1325、出走回数は7999、勝利頭数は582、勝利回数は912となっている。一方、ヤナガワ牧場の出走頭数はわずか88、出走回数は725、勝利頭数は27、勝利回数は49にすぎない。社台グループのケタ違いの強さがわかる。

 胆振地方の大手とは、まだまだ大きな差はあるが、ヤナガワ牧場生産馬の活躍は馬産地・日高にとって明るい話題だ。さらに、4月6日にキタサンブラックの母シュガーハートが、キタサンブラックの全弟(父母馬が同じ弟馬)となる鹿毛馬を出産、早ければ2019年にデビューするとのニュースが伝わってきた。廃業、倒産が続いた馬産地・日高にとって完全復活に向けた動きが続いている。

競馬人気沸騰でJRAが多額利益…復活の馬牧場、悪質ファンの非常識行為多発で馬パニックのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、JRA中央競馬牧場見学の9箇条の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!