NEW

加計学園問題、文科省のリークか…安倍首相潰し先鋭化、大手新聞が報道自主規制の事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

及び腰のメディア


 さらにこの問題には、大手メディアの事情もからんでいるという。別の永田町関係筋は語る。
 
「注目すべき点は、メディアもこの問題に大きく関わっているという点です。東京・竹橋のパレスサイドビル1階に加計学園の東京事務所があることでもわかるとおり、加計学園は同ビルに本社がある毎日新聞社とべったりの関係です。毎日OBは、加計学園グループが経営する岡山理科大、倉敷芸術科学大、千葉科学大に何人も教授として就任している。だから、毎日としては、触れられたくない問題だったようです。今回、安倍首相側に立つ読売、産経が出遅れるのは当たり前で、文科省の文書をスクープした朝日に軍配が上がったかっこうです。

 安倍首相が改憲に舵を切り、独占インタビューを取ったのが読売。国会で質問された安倍首相が、『読売新聞を読んでください』と言ってのけるほどになった。そのなかで、反体制のメディアの一角が、加計側とべったりだったことで、文科官僚も危機感を覚え、リークに踏み切ったのかもしれません」

 今後の展開が注視される。
(文=編集部)

加計学園問題、文科省のリークか…安倍首相潰し先鋭化、大手新聞が報道自主規制の事情のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、加計学園安倍晋三首相森友学園問題の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!