NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『あなたのことはそれほど』が『昼顔』ほど支持されない理由…「心より体」の不倫に疑問

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』|TBSテレビ」より
 スタート当初から、「ヒロインの美都(波瑠)がクズすぎる」という批判の声が上がり、夫・涼太(東出昌大)の怪演ばかりが話題になるなど、逆風が続く『あなたのことはそれほど』(TBS系、以下『あなそれ』)。相次ぐ厳しい声を受けた波瑠が「観てくださったことに感謝するだけ」とブログにつづるなど、苦悩の様子が伝わってくる。


 同じ不倫がテーマのドラマでも、2014年に放送されて高視聴率と各賞を獲得したほか、6月10日から映画公開もされる『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系、以下『昼顔』)とは何が違うのだろうか。

『あなそれ』と『昼顔』で違う、罪悪感の描き方


 その理由は、「波瑠より上戸彩のほうがいい」というキャストの問題ではなく、ストーリーによるところが大きい。

 まず『昼顔』は、「夫への不満を抱えながらパート勤めをする」地味な30代の女性がヒロインだった。一方、『あなそれ』のヒロインは、「夫への不満はなく、医療事務の仕事をこなす」若くておしゃれな女性。この時点で、共感度にグッと差がついている。

 そんなキャラクター設定の違いは、“不倫のムード”にも影響を及ぼす。『昼顔』が“ファンタジーとしての不倫”を描いているのに対して、『あなそれ』は“リアルな不倫”を描いているため、感情移入を促すドラマ性が下がり、淡々と見るドキュメンタリーのようになってしまうのだ。

 そもそも『昼顔』は、世の主婦たちに「不満を抱える日々のなか、もし平日の午後に素敵な男性と不倫したら……」という妄想を抱かせるコンセプトだった。しかし、『あなそれ』は自分に置き換えて妄想を抱く主婦は少なく、「実際の不倫はこれくらいゲスなもの」というのぞき見感覚で楽しむことしかできない。

 また、罪悪感の描き方も大きく異なる。『昼顔』が「罪悪感を抱きながらも、のめり込んでしまう」というかたちだったのに対して、『あなそれ』は「むしろ夫を責めてしまう」という描き方をしている。「罪悪感のある不倫はファンタジーであり、罪悪感がない不倫こそリアル(不倫する人はそれほど罪悪感を持たない)」という真逆の捉え方をしているのだ。大多数の不倫しない人々が、どちらのドラマを支持するかは自ずとわかるだろう。

心の動きが伝わってこない『あなそれ』


 もうひとつ忘れてはならない両作の違いは、心と体の動き。

『昼顔』は、「思いもしない不倫の関係に陥ってしまい葛藤する」紗和(上戸彩)、「夫・裕一郎(斎藤工)に不倫されたが、絶対に別れたくない」乃里子(伊藤歩)、「不倫を楽しんでいたが、本当の恋に落ちてしまう」利佳子(吉瀬美智子)、「かつて夫に不倫され、嫌悪感が消えない」慶子(高畑淳子)など、さまざまなタイプの女性にフィーチャーして不倫をめぐる心の動きを描いていた。だからこそ、序盤は紗和と利佳子の対比、中盤は紗和と慶子の微妙な関係、終盤は紗和と乃里子の対決が盛り上がったといえる。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

『あなたのことはそれほど』が『昼顔』ほど支持されない理由…「心より体」の不倫に疑問のページです。ビジネスジャーナルは、連載、あなたのことはそれほどドラマ昼顔波瑠の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!