NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『人は見た目が100パーセント』、なぜ桐谷美玲酷評でブルゾン絶賛?ミスキャストだったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐谷美玲
 4月のスタート当初から低視聴率が続く『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系、以下『人パー』)。


 インターネット上で目立つのは、「桐谷美玲がオシャレ音痴の女子モドキ?」「あの顔でモテないなんてあり得ない」などの桐谷に関するバッシング。一方、ブレイク中の女芸人・ブルゾンちえみには、「演技がうますぎる」「初めてなのにスゴイ」などの絶賛が集まっている。

 桐谷には「細すぎて怖い」、ブルゾンには「ぽっちゃりでかわいい」という対極の声が飛び交うなど、そのコントラストは異様なほどだが、なぜこんな現象が起きているのか? 実際、2人の演技はどうなのか? ミスキャストだったのか? さまざまな角度から掘り下げていく。

実は世代トップのコメディエンヌである桐谷美玲


 桐谷にバッシングが集まる最大の理由は、「本人は美人でオシャレだから、この役は合わない」というものだろう。確かに桐谷は、アメリカの映画サイト「TC Candler」が選ぶ「世界で最も美しい顔100人」に5度ランクインしたほか、昨年末にも雑誌「VoCE」(講談社)の「2016年最も美しい顔」に選出された“日本代表クラスの美人”だ。

 長年、「Seventeen」「non-no」(ともに集英社)の専属モデルを務めた過去もあるだけに、「エッ?」と思ってしまうのも仕方がない。しかし、『人パー』の桐谷は、地味な服とヘアメイクに加え、白目をむき、鼻血を出し、床をはいつくばるなど、美人という本人のキャラクターを消した演技を続けている。見る人が桐谷美玲のイメージをいったん忘れることさえできれば、彼女は立派なコメディエンヌなのだ。

 痛かったのは、『人パー』がスタートする前から「あり得ない」のネガティブキャンペーンが始まっていたこと。一度も見ていないにもかかわらず、イメージだけで「あり得ない」というムードが広がり、近年続くフジテレビへのバッシングも悪いほうに作用してしまった。スタート前のネガティブキャンペーンは、“もともとドラマにあまり熱心ではない人々の印象操作”といえるかもしれない。

 そんな先入観を持たずに『人パー』を見ている人は、「美人女優の桐谷美玲」ではなく、「失敗続きながらも、けなげにがんばるヒロイン・城之内純」を見ている。クチコミサイトやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では、もどかしくもほほえましい「純の恋を応援している」という声も多い。

 現在27歳の桐谷は、同世代の若手女優と比べてもコメディ作への出演が多く、その適性はトップクラスにある。桐谷以上に『人パー』のヒロインを演じられそうな20代女優がいるか? といえば、あまりいないというのが現実だ。

 実際、某局のドラマプロデューサーが「20代女優で桐谷さん以上のコメディエンヌはいない。思い切りがよく、自分を崩すことに迷いがないから、いろいろな演出を仕掛けられる」と言っていた。

桐谷美玲とブルゾンちえみの比較は的外れ


 一方、絶賛の声を集めるブルゾンちえみはどうなのか。

 ドラマ初出演とは思えない堂々とした演技は非凡で、絶賛の声に異論をはさむ必要はないだろう。しかし、あくまで「初出演にしては」という前提がつき、「共演女優たちより演技がうまい」というわけではない。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

『人は見た目が100パーセント』、なぜ桐谷美玲酷評でブルゾン絶賛?ミスキャストだったのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ドラマフジテレビ人は見た目が100パーセント桐谷美玲の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!