NEW

ライザップ、赤字企業を次々買収の狙い…ジーンズメイト、なぜ9期連続赤字でも株価高騰

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RIZAPグループ本社がある新宿フロントタワー(「Wikipedia」より)

 トレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」を展開するRIZAPグループの子会社の株価が軒並み高くなっている。いずれも業績不振企業であるにもかかわらずだ。RIZAPの幹事証券は、SBIホールディングスの中核証券会社、SBI証券だ。

 ジーンズメイトは2日連続のストップ高(各80円高)で、1月の高値を抜き400円台に乗せてきた。5月18日には430円の年初来高値をつけた。安値は1月4日の188円だから株価は2.3倍になった。その後は、さすがに株価は反落したが、「連続赤字企業の株が、なぜこれほど高くなるのかわからない」との声が証券関係者からも出ている。

 マルコ、イデアインターナショナル、夢展望も連日、高値がついている。各社ともRIZAPグループの傘下に入り、業績の改善が確認されたというのだ。一斉に株主への還元策を打ち出しているが、最大の株主はRIZAPの瀬戸健社長である。

 女性用体型補整下着のマルコは、2017年3月期の営業利益が従来予想の3倍となる1億3500万円になった。16年同期は営業段階で6億円の赤字だったが、18年同期は12億円の営業利益を目標にしているといい、会社側は強気なのである。

「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載が解消された。マルコの第2位の株主は、9.2%を保有する伊藤忠商事で、マルコの主な仕入れ先でもある。ちなみに、RIZAPグループは63.1%を持っている。

 マルコは5月18日に一時、65円高の349円の年初来高値をつけた。安値は4月13日の128円で、わずか1カ月で株価は2.7倍に大化けした。

 イデアインターナショナルはRIZAPグループが57.9%の株式を保有しており、インテリア雑貨や旅行用品の企画・卸・小売り(直営店)を行う。17年6月期の第3四半期(17年1~3月期)の営業利益は1億6300万円(前期同期比3.1倍)。通期の営業利益の予想は3億4000万円(前期比86%増)としている。積極出店を続け、高水準の広告宣伝費を吸収して利益を確保するというが、これはRIZAPグループの前身、健康コーポレーション時代に瀬戸氏が実践してきた経営手法そのままだ。

 イデアインターナショナルは5月18日に1998円(288円高)の年初来高値をつけた。08年7月の上場以来の高値を更新した。17年6月期の業績予想を大幅に上方修正したことから、株価の上昇に弾みがついた格好だ。

 夢展望は10~20代の女性向け衣料品ネット通販の会社で、スマートフォンに強みを持つ。業績悪化でRIZAPグループの傘下に入った。17年3月期は営業損益段階で1億5400万円の赤字(前の期は3億2400万円の赤字)と赤字幅が縮小した。18年3月期は7億8000万円の大幅な黒字転換を目指す。14年9月に決算期を変更した15年3月、16年3月、17年3月と4期連続で営業赤字。4期の営業赤字の合計は17億7100万円に達する。

 それが18年3月期には7億8000万円の黒字になるという。5月18日には、ストップ高(150円高)の1090円を付けた。5月19日には一時、599円高の1689円まで株価は暴騰し、終値は320円高の1410円。2月6日の年初来安値は442円だから株価は3.8倍に暴騰したことになる。

ライザップ、赤字企業を次々買収の狙い…ジーンズメイト、なぜ9期連続赤字でも株価高騰のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、RIZAPジーンズメイト夢展望の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!