NEW
大江英樹「おとなのマネー学・ライフ学」

ブームの老後資産形成術iDeCo、危険な注意点…最初の運用機関選びに失敗だと悲惨

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 最近は個人型確定拠出年金iDeCo)がブームになりつつあります。1月から原則としてこの制度は誰でも利用できるようになったため一挙に加入者の数が増え、昨年末の加入者約30万人が、今年の3月末では43万人ですから、それまで15年間かかって30万人だったものがわずか3カ月で13万人も増えたことになります。恐らくは、今後も拡大傾向が続くと思われますので、今後iDeCoに加入しようと検討している人も多いだろうと思います。そこで、ぜひ気を付けていただきたいことがひとつあります。それは、どの運営管理機関を利用するかということです。

 iDeCoを利用する人は自分で運営管理機関を選ぶことになるわけですが、この選択が非常に重要なポイントになります。なぜなら、各業者によってサービス内容と価格、商品の質や種類がかなり異なること、そしてその運営管理機関選びに失敗しても、さまざまな理由によって容易に運営管理機関を変更することが難しいこと、という2つの理由があるからです。したがって、最初に選ぶ際に慎重に検討することが大切です。

 ところが、どこの運営管理機関を選べばいいのか、ということについて、一般の人はあまり詳しくありません。知名度や宣伝文句だけにつられて選んでしまうこともしばしば起こります。また、口座管理手数料が無料ということで安易に選んでしまうことになりがちですが、これはそれほど単純な話ではありません。そこで具体的にどうやって運営管理機関を選べばいいのか、そのポイントをお話したいと思います。

 ポイントは大きく分けて4つあります。

運用商品の種類


 まず初めは、「運用商品の種類」です。これは分散投資を行うために十分なカテゴリーが揃っているかどうかということです。一部の運営管理機関のなかには極端に偏ったプランもありますが、これはあまり好ましいとはいえません。長期に資産を運用しなければならないiDeCoにとっては、分散投資がきちんとできることが大前提ですから、そもそもそのような偏った運営管理機関は最初にふるい落とすべきでしょう。

運用商品の内容


 次に「運用商品の内容」です。上記のように種類の条件を十分に満たしているのであれば、これが最も重要なポイントだといえます。具体的にいえば投資信託の信託報酬(=運用管理費用)が多いか少ないかということです。iDeCoのように非常に長期にわたって運用することになる制度では、この運用管理費用の金額が運用成績に与える影響がとても大きくなるからです。いうまでもなく、これは安いほうが良いに決まっています。特に注意しなければならないのは、同じ運営管理機関のなかで同じカテゴリーの商品でも、この運用管理費用が何倍も違う商品が並べられている場合です。これは現在ではまだ商品の除外が簡単にはできないことから、昔からある高手数料商品が並んでしまっているというのが理由ですが、うっかりと高い費用の商品を選ばないように気を付けることが必要でしょう。

ブームの老後資産形成術iDeCo、危険な注意点…最初の運用機関選びに失敗だと悲惨のページです。ビジネスジャーナルは、連載、iDeCo個人型確定拠出年金口座管理手数料の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!