NEW

春競馬G1・6連戦の最終レース、安田記念はこの穴馬を狙え!型破りな予想術で驚異の高収益

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬予想界屈指の頭脳

 優駿牝馬(オークス)も東京優駿(日本ダービー)も終わり、6週連続で行われている春のG1レースも残りは今週末に行われる第67回安田記念のみとなった。この春のG1レースは、天皇賞(春)が固い決着となったが、皐月賞は3連単106万馬券という特大万馬券が飛び出し、NHKマイルカップやヴィクトリアマイルでも人気薄馬の好走で高配当が飛び出した。さらに、G1レース以外の重賞などでも高配当が続出しており、多くの競馬ファンはあらためて馬券の難しさを感じたことだろう。

 競馬の魅力はさまざまだが、すべてのファンに共通するのは「馬券」といって間違いないはずだ。馬券はギャンブル的要素だけでなく、結論に至るまでの推理(予想)が非常に楽しい。予想方法は千差万別で、700万人の競馬ファンがいれば700万通りあるもの。昔からの枠連派や馬連派もいれば、一獲千金を夢見て3連単馬券で高配当を狙う人もいる。現在、馬券で最も売れているのは3連単のようだが、これは配当的魅力が大きいことが要因だろう。しかし、波乱の結果が続くと、安定した的中率は見込めず、結果として損をする人のほうが多いようだ。というのも、3連単は購入点数が多くなりがちで、多くの資金が必要となるハイリスクハイリターンの馬券だからだ。

 18頭立てのレースで3連単は4896通りとなり、1点100円の馬券を全パターン購入すれば48万9600円が必要となる。皐月賞のような106万馬券が飛び出せば収支はプラスになるが、そんな高配当はめったに出ない。もっと効率よく、安定した成績を残す方法はないだろうか。それに対するひとつの答えが、ある予想家が提唱する「単複一点勝負馬券」だ。

境和樹氏の単複予想

「単複」とは、単勝馬券と複勝馬券を指し、単勝馬券は1着になる馬を当てる馬券、複勝馬券とは3着以内に入る馬を当てる馬券だ。この「単複一点勝負馬券」を提唱するのは、血統評論家の境和樹氏だ。境氏は合格率約3%という司法書士試験に合格した実績を持つ異例の予想家。司法書士にならずに競馬予想家の道を選んだのは、それなりの「勝算」があってのことだろう。

 境氏が予想の根拠としているのは、競馬の基本でありもっとも難解な「血統」だ。膨大な知識と分析力が必要とされる「血統理論」と的確な判断が要求される「ペース解析」を駆使し、その理論によって選ばれた“必然の穴馬”から「単複1点勝負」を推奨している。一頭の穴馬を対象とした単複馬券であれば、3連単のように多くの点数を購入する必要がなく、絞って購入できるため「ローリスクハイリターン」が期待できる。

 実際に、この春も数々の的中実績を残しているが、例えば106万馬券が飛び出した皐月賞では、2着に飛び込んだペルシアンナイトを推奨した。惜しくも2着ではあったが、3.2倍の複勝を的中。また、重賞の京王杯スプリングカップでは、なんとここまで3戦連続2桁着順に大敗していた13頭立て11番人気クラレントを抜擢した。その結果、同馬も好走して2着に入り、8.6倍の複勝を仕留めた。一見低い配当に見えるが、1点勝負なら回収率は高く、大幅プラスといえるだろう。

 この2レースに関して境氏は、以下のように述べている。

「皐月賞に関しては、2014年の馬場改修工事の影響もあり、ここ数年で急激に傾向が変化していました。今回はそこにポイントを置いて、速い上がりを使えるタイプの馬を重視。その他の傾向も含めて『5着以下に負けたことがない、中団から速い上がりで差せる馬』というテーマから、ペルシアンナイトが浮上。思い通りの展開と結果になりました。

 また、京王杯スプリングカップは11番人気だったクラレントに本命を打ちました。これは、京王杯スプリングカップにおいて『ニジンスキー系』の重要性が高いことに気が付いていたからです。父、母父のみならず父母父や母母父といったところまで含めると、かなりの数の該当馬が好走していたのです。これに、東京コース実績が不可欠という要素も含めて『東京巧者のニジンスキー系保持・内包馬』というテーマを設定、唯一の該当馬だったクラレントに辿り着きました」(境氏)

 この話からも、単純な血統論だけでなく馬場や展開など、さまざまな要素を考慮に入れていることがわかる。さらに、安田記念に向けても、自信をのぞかせるコメントをする。

「リピーター性が強いレースなので、まずは過去の好走馬は近走成績にかかわらず重視すべきです。また、血統的にはサクラバクシンオーに代表されるプリンスリーギフト系やニジンスキー系など、少し主流からズレた系統を持った馬が強いという傾向があります。道悪になれば、セントサイモン系内包馬なども無視できません。いずれにしても、持続力の要求値が高いレースなので、そのあたりを見極めて穴馬を探したいレースです。すでに候補は絞られてきていますが、特に注目しているのは、皐月賞や京王杯スプリングカップのような配当妙味もある馬なので、これは非常に楽しみです」(同)

 境氏は今後の日本予想界を背負って立つ新進気鋭の予想家。類まれな頭脳から導かれる穴馬は、馬券を買ううえで欠かせない存在といえるだろう。

 またAmazonでベストセラーになった『単複論!実践編』(ベストセラーズ)などの著者としても活躍しているが、手っ取り早くその予想をチェックするなら「うまスクエア」をオススメしたい。うまスクエアは、すべてのコンテンツが無料で、多くの競馬ファンが利用する人気サイトだ。境氏の予想である『穴馬券ネオメソッド』を筆頭に、ヴィブロスやシュヴァルグランの馬主として知られる元プロ野球選手・佐々木主浩氏の人気コラム『大リーグボール22号』、重賞レースを攻略する『重賞パーフェクトデータ』『早稲田大学特任教授のワイド1点予想』『人気馬格付けチェック』といったコンテンツが注目されている。

「無料だから価値の低い情報しかないのではないか」などと思わないでほしい。まずは、サイトをチェックしてもらえば、その価値がわかるはずだ。

 安田記念で境氏がどんな馬を推奨するのか。前哨戦である京王杯スプリングカップで11番人気馬の好走を見抜いたその予想力は必見だ。その答えは「うまスクエア」にある。
(文=編集部)

すべてのコンテンツ無料 CLICK → 安田記念「うまスクエア」

※本稿はPR記事です。

春競馬G1・6連戦の最終レース、安田記念はこの穴馬を狙え!型破りな予想術で驚異の高収益のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、司法書士安田記念日本ダービー血統の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!