NEW

中田敦彦の松本人志批判騒動、吉本が否定…「社長が謝罪命令の事実ない。問題視せず」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「中田敦彦 公式ブログ」より

 お笑い芸人の中田敦彦(オリエンタルラジオ)が、5月28日放送のラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)のなかで「(吉本興業の)幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と発言したことが話題を呼んでいる。

 謝罪指示は、中田が先輩の松本人志(ダウンタウン)を暗に批判する発言をしたことに対してなされたとされている。

 2月に脳科学者の茂木健一郎氏が「日本のお笑い芸人は終わっている」とツイッター上で持論を展開したところ、中田がそれに賛同しつつ、「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」などと述べたことが原因だ。

 中田は「暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ、吉本が全社をあげて大騒ぎし、幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と現況を明かしつつ、「ただ、僕の意思としては『謝らない』」と表明した。

 この発言を受けて、各メディアは「中田vs.松本」「中田vs.吉本興業」といった構図で騒いでいる。

 だが、当の吉本興業はどこ吹く風といった状況だ。

 吉本所属の芸人たちに聞いても、誰も気にもとめていない。ゴシップ好きの芸人たちの間でも、特に話題にも上っていないという。あえてコメントを求めても、「中田さんっぽい」との一言でにべもない。

 吉本興業広報に問い合わせたところ、「社長が『謝れ』といった事実はありません」という。では、事実ではないのに、「社長から謝罪指示を出されている」と述べて騒動を起こした中田に対して、なんらかの処分は課されるのかをたずねたが、「ラジオで面白おかしく語っただけで、特に問題視することもありません」とあっさり否定した。

 さらに、多くのメディアがこの騒動を取り上げていることについて、「社内の出来事を外で騒がれてもコメントしようがない」と困惑した様子を示した。

 いまやお笑い界で“大御所”と呼ばれるようになった松本に中田が牙をむいたとして、大騒ぎしているマスコミは、単に中田のジョークに振り回されているだけなのかもしれない。
(文=編集部)

中田敦彦の松本人志批判騒動、吉本が否定…「社長が謝罪命令の事実ない。問題視せず」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、オリエンタルラジオ中田敦彦吉本興業松本人志の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!