NEW

G1レースがない今こそ狙い目!レピアーウィット、ワンダーラジャ…穴馬情報を特別公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週末はマスコミノーマークの穴馬が多数出走

 春の競馬は、安田記念が終わり宝塚記念まで3週間G1レースがない。そのため、今週はいまひとつ盛り上がりに欠けているようだ。しかし、現役馬主が運営に携わる最強の馬主情報提供会社「馬券フォーカス」によると、今週は取材に訪れるマスコミの数も少なく、ノーマークの“穴馬”が非常に多くいるという。

 今回は特別に、彼らが掴んだ「穴馬情報」の一部を公開してもらったので、ぜひ参考にしていただきたい。なかには推定10番人気となるかもしれない穴馬もおり、見逃せない情報なのは間違いない。注目馬について解説してもらった。

「土曜日は東京5レース新馬戦に出走するレピアーウィットに注目ですね。もともと、セレクトセールで1億5000万円以上の値がついた堀厩舎の期待馬です。オーナーは東京馬主の金子真人氏。今週の調教は、古馬オープン馬をものともしない内容でした。ここはかなり期待できます。ちなみに、レピアーウィットにはミルコ・デムーロ騎手が騎乗しますが、実は、堀厩舎が今週末に出走させる5頭には、すべてデムーロが乗ります。その5頭で3勝は狙っているとのことですから、ぜひ覚えておいてください。

 また、東京メインレースのアハルテケステークスは、アルタイルが中心になります。この馬のオーナーは、東京馬主の藤田在子氏です。もう1頭の注目馬ゴールデンバローズも、オーナーは東京馬主の猪熊広次氏で、この2頭が非常に強力です。馬主にとって自らが所属する地元開催は、勝負のレースです。どちらも今回の東京ダート1600m戦がベストなので、まず上位争いに食い込んでくるはず。土曜日は、ほかにも多くの勝負馬がいますが、今回はここまでにしておきましょう。

 次に日曜日ですが、オススメは阪神3レースの3歳未勝利戦に出走するワンダーラジャです。オーナーは阪神馬主でお馴染みの山本信行氏ですが、同氏は阪神勝負で知られ、今年も昨年もその前の年も、持ち馬は阪神で最も多く勝っています。阪神のダート戦に山本氏の持ち馬が出走してきたら、2回に1回は馬券に絡むと思ってください。このワンダーラジャは現在2回連続で2着に甘んじています。今の3歳未勝利のなかでは実力上位なので、なんとかしてほしいというのが陣営の本音。ここは負けられない一戦です。

 そして、穴馬として注目したいのが日曜阪神12レース3歳以上500万下に出走するメイショウアバラガとメイショウバンダイの2頭です。関係者からの情報も上々で、かなり楽しみにしています。この2頭のオーナーは、阪神馬主の重鎮である松本好雄・和子夫妻です。メイショウアバラガは芝スタートの新潟ではなく、ダートスタートの阪神で走りが一変するでしょう。さらに、地方競馬を使ってきたメイショウバンダイは予想の盲点となりますが、減量騎手の起用と積極的な競馬で大駆け(上位入賞)が期待できます。この2頭は、ぜひ馬券に組み込んでいただきたいですね。

 さらに、日曜日の注目重賞である第34回エプソムカップと第22回マーメイドステークスにも絶好の“狙い馬”がいますが、この情報に関しては直前の最終裏付けを取ったうえで、当日午前9時までにご登録いただいた方に無料でお伝えします。ぜひ楽しみにしてください」(「馬券フォーカス」関係者)

 このように、「馬券フォーカス」関係者から特別な馬主情報を公開してもらった。ここに挙げた馬以外にも、多くの“裏ネタ”があるとのことで、その最新情報は「馬券フォーカス」で、ぜひご確認いただきたい。

 彼らが「この春一番かもしれない」と語る第34回エプソムカップと第22回マーメイドステークスの穴馬情報は、「馬券フォーカス」にメールアドレスを登録すれば無料で公開してもらえるという。この絶好のチャンスも逃さず、ぜひ利用していきたいところ。G1レースがなくても、馬券の面白さや、払い戻しに変わりはない。今週末も競馬と馬券を思う存分楽しもう。
(文=編集部)

※本稿はPR記事です。

G1レースがない今こそ狙い目!レピアーウィット、ワンダーラジャ…穴馬情報を特別公開のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アハルテケステークスエプソムカップマーメイドステークス宝塚記念の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!