NEW

急増するキラキラ起業女子、大半は経済困窮…SNSで必死に「華やか&リッチライフ」自己演出

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 フェイスブックやインスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及とともに、「キラキラ起業女子」と呼ばれる人たちが増加している。


 キラキラ起業女子とは、文字通りキラキラと充実したライフスタイルをSNSで発信して集客する女性起業家のことを指す。一時期に比べてブームは落ち着いたかのように見えたが、実は現在進行形で増え続けているという。

 なぜ、キラキラ起業女子が増えているのか。起業支援コンサルタントの相馬一進氏は、「その理由は参入障壁の低さにあります」と語る。

キラキラ起業女子の正体は“火の車自営業女子”


 そもそも、具体的にキラキラ起業女子とはどのような人たちなのか。相馬氏によれば、「もっともわかりやすい特徴は、ことさらにSNSで豊かな生活をアピールするところ」だという。

「ビジネスの内容よりも、自身のライフスタイルや自撮り写真をアップするのが彼女たちです。これ見よがしに高級ホテルのラウンジで仕事やミーティングをしているのも、特徴のひとつでしょう」(相馬氏)

 キラキラ起業女子が手がけるビジネスは多岐にわたるが、なかでも目立つのは美容コンサルタントや心理学コンサルタント、起業支援といった領域だ。SNSで参加者を募ってセミナーを行い、その売り上げが収益になっているという。

 また、「起業」といっても法人化しているケースは稀で、ほとんどが自営業か副業の枠を出ないそうだ。しかも、それなりの収益を上げているのは、ほんのひと握りにすぎない。そのため、相馬氏は、SNSなどの写真だけを見て「この人は成功している」とうかつに信用するのは危険だと指摘する。

「キラキラ起業女子を一言で表すなら、“火の車自営業女子”です。SNSで集客するためには“成功している自分”を演出する必要があるので、ハイブランドの服やバッグが不可欠。しかし、実際にはそんなブランド品を買えるキラキラ起業女子はほとんどいません。経済状態は常に困窮していて、自己演出のためのお金が大きな負担になっている人は、かなり多いと思います」(同)

 実際、あるキラキラ起業女子はブログに「起業初期は、ホテルラウンジのお茶代がかなりキツかった」と堂々と書いているほどだ。どんなに懐具合が厳しくても、キラキラ起業女子として集客するには、“華やかでリッチな生活を送る自分”を見せなければならないのである。

キラキラ起業女子は本の出版がゴール?


 では、儲かっている人はひと握りにもかかわらず、なぜキラキラ起業女子が増えているのか。それは、相馬氏の分析にあったように、キラキラ起業女子は非常にシンプルなビジネスモデルで参入しやすい市場だからだ。

「店舗や事務所を持つ必要がないので、自己資金がなくても簡単に起業できますからね。コンテンツを起業コンサルや美容セミナーにすれば、商品開発のための費用も必要ありません。また、集客もブログやインスタグラムでできるので、極端な話、知識がない人でも簡単に起業できてしまうのです」(同)

 キラキラ起業女子は、資金集めや商品開発、人材育成など、一般の起業家が持つような悩みとは無縁なのである。

急増するキラキラ起業女子、大半は経済困窮…SNSで必死に「華やか&リッチライフ」自己演出のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、SNSビジネス女子起業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!