NEW

田中将大、大乱調の原因は精神面か…決め球が狙い打ちされる理由、上原浩治と何が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(写真:USA TODAY Sports/アフロ)
 ニューヨーク・ヤンキース田中将大投手がおかしい。長いシーズンの序盤で、ちょっと調子をつかみきれていない……そんな程度の変調とは違う。明らかに、「何かが」おかしい。抜群の安定感を誇っていた田中投手だが、今シーズンは早い回での大量失点が目立つのだ。


 田中投手は、2015年に右肘の骨棘除去のための関節鏡視下手術を受けており、「その影響では?」と考えてしまうが、すでに1年以上が経過している上、昨年は手術後とは思えない素晴らしい成績を収めていた。

 しかし、今年は違う。これまで12試合に先発して5勝6敗、防御率はアメリカンリーグ最低の6.55だ(6月11日現在、以下同)。4月から5月にかけて5連勝を飾ったものの、その後は自己ワーストの5連敗。特に今シーズンは本塁打を打たれることが多く、被本塁打17(投球回66)はメジャーリーグにデビューした14年の15(投球回136回 1/3)をすでに上回っている。

 クオリティ・スタート(QS:先発投手が6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内に抑えること)が計算できるとされている田中投手に、何が起こっているのか。

 そこで、大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の遊撃手として活躍した元プロ野球選手の山下大輔氏に話を聞いた。山下氏は、現役引退後、横浜の監督や東北楽天ゴールデンイーグルスのコーチを務めたほか、ロサンゼルス・ドジャース傘下のルーキーリーグチームの守備コーチも経験している。現在はNHKでメジャー中継の解説を務めるなど、国内外の野球に精通している人物だ。

なぜ決め球のスプリットがホームランに?


「もう1カ月以上勝ち星に恵まれていませんが、今シーズンはナイスピッチングといえる試合は5月27日(日本時間、以下同)のオークランド・アスレチックス戦(7回 1/3を5安打1失点13奪三振)ぐらい。5勝しているといっても、かなり打たれている試合が多く、内容的によかったわけではありません。勝ち星は、ヤンキース打線のおかげといえるでしょう」(山下氏)

 確かに、5勝のうち自責点1以内に抑えたのは二度。あとの3試合は3点以上を失っている。コントロールよく丁寧にコースをついて三振の山を築く……そんな本来のピッチングとは、ほど遠い状況なのだ。

「肘の具合が本当はどうなのか、直接聞いていないので断言はできません。しかし、ピッチングを見る限りは、肘を気にしたりかばったりしている様子は見られません」(同)

 メジャーでは、先発投手に目安となる球数制限が設けられており、だいたい100球前後で次の投手に交代となる。そのため、前述のQSのように6回3失点が先発投手の最低限の仕事といわれるわけだ。

「肘の手術後も、田中投手は3点程度で抑えることが多かった。しかも、フォアボールを出さないことでも有名でした。一球一球、きちんとコントロールされていたのです。

 しかし、今シーズンは早い回で打ち込まれることが多く、特にホームランを打たれることが格段に増えています。しかも、決め球のはずのスプリット・フィンガード・ファストボールをスタンドに運ばれているのです。

 その原因は、インコースのストレートの使い方にあると見ています。今シーズンは、特に右打者のインハイに真っ直ぐを投げ込むことができていないのです。そのため、配球がアウトコース一辺倒。当然、バッターは狙いを定めやすくなります」(同)

田中将大、大乱調の原因は精神面か…決め球が狙い打ちされる理由、上原浩治と何が違う?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ニューヨーク・ヤンキースメジャーリーグ上原浩治田中将大の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!