NEW

策に溺れたハリルホジッチ、意表を突いた選手起用が裏目に…連携ずれ、無駄にスタミナ消費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督(「Wikipedia」より)

 6月13日、2018 FIFAワールドカップ(W杯)・アジア地区最終予選が行われ、グループB首位の日本はイラクと対戦した。

 イラクの政情不安から、中立地のイランで開催された一戦は、夜になっても気温が下がらず、37度を超す猛暑の中での死闘となった。

 香川真司をはじめ、キャプテンの長谷部誠、山口蛍など、中盤の選手にけが人が続出し、どのような布陣で臨むのか、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督の采配が注目された。

 所属クラブで目覚しい活躍を見せ、代表チームでも存在感を放って本田圭佑から右サイドのレギュラーを奪った久保裕也が初めて左サイドで先発。7日のシリアとの練習試合で右インサイドハーフをこなして高い評価を得ていた本田が右サイドに入った。またダブルボランチに遠藤航と井手口陽介という初めての組み合わせで、多くの解説者も意表を突かれた先発メンバーとなった。

 システム自体は、代表チームがよく慣れている4-2-3-1ではあったが、意思疎通が取れていない感じは否めなかった。特に、相手のゴールに迫ろうというシーンで、何度もパスミスが生じた。受ける側が足元にボールを求めていたのに、供給する側ははるか前方にパスを出すといった具合に、まったくかみ合っていなかった。

 このような連携ミスは、攻撃のリズムをつくれないばかりか、無駄な走りを繰り返すことになり、じわじわと選手たちのエネルギーを消費させた。それは、後半のスタミナ切れを生む要因となったように思われる。

 試合前、ある程度相手に攻めさせて、カウンター攻撃を仕掛ける戦術を提案したハリルホジッチ監督に対し、本田を中心とした選手たちは自分たちでボールを保持して試合の主導権を握る戦術を求めたといわれている。だが、実際の試合では、日本が得意だったはずのパスサッカーは影を潜めた。

策に溺れたハリルホジッチ、意表を突いた選手起用が裏目に…連携ずれ、無駄にスタミナ消費のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ワールドカップヴァヒド・ハリルホジッチ本田圭佑香川真司の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!