NEW

慢性の病気に罹る子供が激増、過多なワクチン接種が原因か…接種で自閉症の発生率増

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチン添加成分に問題あり?

 
 そもそもワクチンとは、病原体からつくられた無毒化あるいは弱毒化された抗原を体内に投与し、抗体の産生を促して感染症に対する免疫を獲得させるものである。無毒化・弱毒化の方法次第でリスクに幅が出ると思われるが、そのメカニズム自体にはそれほど問題はないだろう。

 基本、問題視されるのは、ワクチン自体に添加される物質のほうである。というのも、ワクチンには保存料として有害な水銀化合物のチメロサールや、ワクチンの効果を強めるためにやはり有害な塩化アルミニウムや水酸化アルミニウムが含まれる傾向があるからである。また、ヒトの中絶胎児の細胞から取り出したDNAや動物のDNA、レトロウィルスなど、健康への影響度がまだ十分に検証されていないものが使用されることもある。

 さらに難しい問題がある。最も基本的なことだが、免疫力・代謝能力には個人差があり、有害と思われても、まったく問題が現れないこともあれば、敏感に現れてしまうこともある。昔からワクチン接種においては、副作用を体験する少数派は常に存在してきた。多くの人々に安心を与え、大多数の健康人には無縁であったことから、少数の犠牲は致し方ないという面もあっただろう。

 だが、今や状況が異なる。生まれた時点で、子供たちの間にはかつて以上に免疫力・代謝能力に差が現れているのである。もはや誰もが一律にワクチンを接種することで大多数の人々が救われる時代ではなくなった。

 ワクチン接種者は、非接種者と比較して2.4倍抗生物質を処方されており、余計に医療機関で治療を受けていることも明らかとなった。つまり、ワクチンの接種が健康面で悪循環を生み出している可能性が考えられる。

 確かに一部の感染症はワクチンで抑えられる傾向はあるが、それ以外のリスクを抱え込むこともある。子供は自分自身でワクチン接種の意義を判断できない。結果として、親にその判断は委ねられることになるが、自信をもって決断できる親はいったいどれだけいるだろうか。
(文=水守 啓/サイエンスライター)

【水守 啓(ケイ・ミズモリ)】
「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動等を行っている。著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(共にヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の秘密/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(共に徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研プラス)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。
ホームページ: http://www.keimizumori.com/

慢性の病気に罹る子供が激増、過多なワクチン接種が原因か…接種で自閉症の発生率増のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ワクチン接種者副作用自閉症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!