NEW

結婚しなくても出産していい…選択的シングルマザーの多大なメリット「結婚より楽」との声も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」――。


 4月から放送されている「ゼクシィ」(リクルートマーケティングパートナーズ)のCMが話題を呼んでいる。

「ゼクシィ」といえば日本ナンバーワンの結婚情報誌で、結婚を考える女性の8~9割が読むといわれるメディアだ。その「ゼクシィ」が、あろうことかCMで冒頭のようなキャッチコピーを打ち出したために、話題となっているのだ。

 確かに、もはや結婚は「幸せ」の必須条件ではなく、それぞれが多様な選択をする時代になっている。なかでも今注目されているのが、「結婚はしないが、子どもはほしい」という「選択的シングルマザー」だ。ニュース番組などで特集されたこともあるため、耳にしたことがある人も多いだろう。

 結婚しないで母親になることを選ぶ女性たちの本音は、どこにあるのか。30代の選択的シングルマザー・Mさんに話を聞いた。

急増する「選択的シングルマザー」の実態と本音


 まず、選択的シングルマザーとは具体的にどのような女性たちなのか。

 選択的シングルマザーの最大の交流サイトである「SMCネット」は、その定義を「自らの意志で非婚で出産し、1人で子どもを育てることを決めた女性」としている。「共同で育児にあたっている未婚のカップルや事実婚のカップル」は含まれないという。

 意志の強さを感じるまっすぐな瞳が印象的なMさんも、この定義に当てはまる。一度結婚しているが、その後、選択的シングルマザーとして出産。現在は2歳児の母として、育児と仕事の両立に奮闘しつつ、都内で生活している。

「元夫と結婚して3年間、妊娠しませんでした。まわりはどんどん出産して、フェイスブックに子どもの写真をバンバン上げる……。気持ちばかりが焦り、不妊治療も考えましたが、元夫の同意は得られませんでした。当時はとにかく早く子どもがほしくて、すごくつらかった。その後、夫と離婚してから今のパートナーと出会って交際を始めて、不妊治療に通い始めました。治療開始前の検査を受けているときに子どもができたことがわかったんです」(Mさん)

 この場合、選択肢は大きく分けて3つある。「交際する男性と再婚して2人で子どもを育てる」「中絶手術をする」、そして「出産して1人で子どもを育てる」の3つだ。しかし、Mさんは「中絶は100%考えられませんでした」という。

「年齢的な問題もありますし、何より私自身がどうしても子どもがほしかった。産むという選択肢以外あり得ませんでした。ただ、交際中は結婚を考えていた相手に、妊娠がわかったあとで結婚の意思がないと言われたんです。それなら1人で育てようと決めたのです」(同)

 そして、Mさんは交際していた男性から養育費などの協力も得ず、自らシングルマザーとして生きていくことを決意する。現在は幼い子どもを育てながら、フルタイムの仕事をしている。

結婚しなくても出産していい…選択的シングルマザーの多大なメリット「結婚より楽」との声ものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、シングルマザーゼクシィ出産結婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!