NEW

中田敦彦、「禁断の」松本人志批判騒動が一瞬で完全収束の裏事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オリエンタルラジオの中田敦彦
「(吉本興業の)幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている。僕の意志としては謝らない。僕も覚悟を持ってやってますので。すごいんですよ、騒ぎ方が。会社と先輩と」


 5月28日放送の『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)でのオリエンタルラジオ・中田敦彦の「謝らない」宣言が波紋を広げた。

 事の発端は、2月25日に脳科学者・茂木健一郎氏が「トランプやバノンは無茶苦茶だが、SNLを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に胸が熱くなる。一方、日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」(※原文ママ)とツイッターで発言したことだ。

 これに対して、ダウンタウン・松本人志が3月19日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「(茂木さんには)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」とコメント。翌週、ゲスト出演した茂木氏は「お笑いが本当に好き。エールのつもりで言ったのですが、誤解を招いてしまい、すみません」と謝罪する格好となった。

 事態は収束したかに思えた4月15日、中田のブログに「オリラジ中田、茂木健一郎の『お笑いオワコン論』支持!」という記事が掲載された。

「茂木さん負けるな!と思っていたところ、大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました。大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。茂木さんの指摘、当たってたのに。なんで『ほら、これですよ』と言えなかったのだろう。まあ、あの場では言えないか。怖いですもんね」

 名前こそ出していないものの、明らかに『ワイドナショー』での松本の発言を指している。お笑い界は、30年以上も「ビッグ3」と呼ばれるビートたけし、タモリ、明石家さんまが一線で活躍し続けており、世代交代が起きていない。

 1980年代後半から90年代にかけて、とんねるずやダウンタウン、ウッチャンナンチャンなどの「お笑い第3世代」が出現し、冠番組で高視聴率を獲得していった。しかし、ビッグ3という権威を引きずり下ろすまでには至らなかったのが現実だ。

 今回の中田の発言は、上が詰まり過ぎているお笑い界に風穴を開ける提言だと思われた。しかし、大きく打ち上がった花火はすぐに消え去り、話題はほぼ収束してしまった感がある。今回の騒動の背景について、芸能記者が話す。

中田敦彦、「禁断の」松本人志批判騒動が一瞬で完全収束の裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、オリエンタルラジオ中田敦彦吉本興業松本人志の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!