NEW

朝、何を食べたかで意思決定が変わる…低炭水化物・高タンパク質な食事で寛容さがアップ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高炭水化物・低タンパク質の朝食後は<不公平な提案>を拒否しやすい!の画像1
朝の炭水化物摂取量で意思決定が変わる?(depositphotos.com)

 進入学、就職、転職、起業、出資、結婚、転居、出産、保育、離婚、再婚、介護、治療しかり。日々の生活シーンやビジネスシーンで岐路に立たされた時、人間はどのように意思決定するのだろうか。

 ドイツのリューベック大学のSoyoung Park氏らは、朝食の内容が意思決定に影響を与える事実を示唆する研究成果を『Proceedings of the National Academy of Sciences』オンライン版に発表した。

 朝食が重大な意思を決定するとは、にわかに信じがたいが、興味をそそられる。どのような研究だろうか。

 まず、男性大学生87人がオンライン版の「最後通牒ゲーム」を行った。このゲームでは、敵対者からの明らかに不公平な金銭提供の提案を受け入れるか、拒否するかを選ぶ機会が与えられる。拒否すれば相手も自分も金銭を得られないので、敵対者に社会的制裁を加えることになる。

 ゲームの実施後、学生たちの朝食の内容を聞き取り調査したところ、高炭水化物・低タンパク質を摂った人の約53%が不公平な提案を拒否したが、低炭水化物・高タンパク質を摂った人は約25%だった。

 次に、ジャムとクリームチーズを塗ったパン、牛乳、リンゴジュース、リンゴ、バナナの高炭水化物・低タンパク質(炭水化物80%、タンパク質10%)の朝食を摂る日と、ジャムを塗ったパン、ハム、ヨーグルト、牛乳、大きいクリームチーズ1切れの低炭水化物・高タンパク質(炭水化物50%、タンパク質25%)の朝食を摂る日を設定し、朝食後に24人が「最後通牒ゲーム」を行い、ゲームの結果を比較した。

 その結果、高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、不公平な提案を拒否する可能性が高まり、低炭水化物・高タンパク質の朝食後は、たとえ不公平でも何も得られないよりはましだと考え、提案を受け入れる可能性が高まることがわかった。

朝、何を食べたかで意思決定が変わる…低炭水化物・高タンパク質な食事で寛容さがアップのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、タンパク質ドーパミン炭水化物の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!