NEW

松居一代、破天荒な素顔と、船越の苦労…記者に直電話、近所の評判、船越とのここ5年

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松居一代「公式YouTuberアカウント」より

 今週、異常な熱波や台風に見舞われた日本列島を、芸能界の“ある出来事”が揺るがせた――。

 女優の松居一代は先月、自身のブログで「実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの」「夜は、まったく電気を使わない生活をしているのよ」「いつでも、全力で走れる靴スニーカー生活です」と告白。さらに「4月21日の夜から 旅立つ準備をしていました」「あたしの耳にひとつのメッセージが聞こえたんです」などと綴り、松居の状態を心配する声が相次いでいた。

 そんななか、この件に沈黙を守っていた松居の夫で俳優の船越英一郎が、すでに裁判所に離婚調停申立書を提出していたと報じられた。この報道と前後し、松居は動画サイト「YouTube」に自身が登場する動画をアップし、船越に愛人がいると主張し、さらに船越は日頃からバイアグラを使用している「バイアグラ男」だと語った。

 今週6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、船越が松居から執拗なDV(家庭内暴力)を受けていたとも報じられているが、松居の人柄について関係者は語る。

「松居さんは日頃から積極的にご近所の方々にお裾分けを持っていったり、道で会えば丁寧に挨拶をしたりと、ご近所付き合いをとても大切にしているので、近隣住人の間での評判は良いです。そのため、数年前から船越さんとの離婚危機や、自身で家事をしていると公言する一方で家政婦を雇い、何人も交代しているなどと報じられるたびに、記者が松居さんに関する情報を聞き出そうと近隣住人に取材をかけていましたが、『松居さんとは仲が良いので、ちょっと……』と断られるケースが多々あったようです。

 また、松居さんクラスの女優であれば、メディアとの出演交渉や取材依頼などはマネージャーなどを介して行われますが、松居さんはほとんど自分で行なっています。通常、タレントが記者や知らない番号から携帯電話に連絡があっても無視するものですが、松居さん自ら電話に出て、記者の取材にも聞かれたことはしっかりと答えてあげるので、“気の良いオバサマ”というイメージです。ちなみに、電話に出られない場合は、きちんと折り返し直接電話をするほどの律儀さです」

船越の“苦労”


 しかし、そんな松居と長く生活を共にしてきた船越の“苦労”について、別の関係者はこう察する。

松居一代、破天荒な素顔と、船越の苦労…記者に直電話、近所の評判、船越とのここ5年のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、松居一代船越英一郎離婚調停の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!