NEW

閉会中審査での加計学園疑惑究明は期待薄も…「安倍政権の終局」がついに始まった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参考人招致に臨むことになる前川喜平氏(写真:写真:Natsuki Sakai/アフロ)

 国会は7月10日、閉会中審査を行う。焦点は、学校法人・加計学園の獣医学部新設問題。特に前川喜平・前文科事務次官が参考人として出席することが注目を集めている。

 そもそも閉会中審査を自民党は拒否していた。それが都議選前の6月23日、自民党の竹下亘・国会対策委員長が「都議選の結果を見て考える」と発言したことは記憶に新しい。アンチ安倍の有権者は「都議選で大敗北し、政権は閉会中審査に応じざるを得なくなった。追い詰められてきた」と期待するかもしれないが、それは相当に甘い見通しのようだ。政治アナリストの伊藤惇夫氏が言う。

「竹下委員長の発言は、失言と批判されてもおかしくありませんでした。当り前のことですが、加計学園問題と都議選は無関係だからです。とはいえ、閉会中審査の実施は、常に自民党が主導権を握っていたのも事実です。竹下発言が逆説的に示していますが、今回の閉会中審査は都議選の大敗北を受け、有権者には低姿勢に謝っているイメージをつくるために開かれるわけです」

 まだまだ自民党は余裕があるようだが、伊藤氏に審査の注目ポイントを挙げてもらおう。

「前川氏が何を発言するか、に尽きます。新しい内部文書や、物証、もしくは信憑性の高い証言が出てくるかということです。しかし、わずか半日の審査です。有権者が望むような真相解明の実現は、基本的には厳しいでしょう」

 伊藤氏が着目するのは、和泉洋人・首相補佐官が参考人として呼ばれていないことだ。和泉氏は昨年、前川氏を呼び「総理は自分の口から言えないから、私が代わりに言う」と発言したとされるが、和泉氏は否定している。また「10/21 萩生田副長官ご発言概要」という文科省の内部文書では「「和泉(洋人)補佐官からは、文科省だけが怖じ気づいていると言われた。官邸は絶対やると言っている」との一文が存在するのも大きく報道された。

加計学園問題の本質とは?


 前川氏と同じ「加計学園問題の重要なキーパーソン」であるにもかかわらず、和泉氏は閉会中審査の“対象外”となった。しかも審査は予算委員会ではなく、内閣と文教科学委員会が舞台。おまけに安倍首相は出席しない。確かに、依然として自民党が国会運営の主導権を握っていることがわかる。

「野党の責務を考えれば、予算委員会で安倍首相を出席させて閉会中審査を行わせてこそ100点満点でしょう。しかし今の国会における与野党の力関係を考えれば、それは不可能です。とにかく閉会中審査を開かせたということで、野党は100対ゼロという完封負けではなく、20点ぐらいは得点したことを意味します」(伊藤氏)

 それにしても、ここに至るまで怒濤の展開が続き、「そもそも加計学園問題って、何が問題視されていたんだっけ?」という方も少なくないだろう。一体、加計学園問題の本質とはなんなのだろうか。

「極めて単純化すれば、加計学園問題とは、『特区構想や規制緩和を活用し、特別に獣医学部を新設することで、獣医を増やすことの是非』が問われているわけですが、率直に言って、特区構想や規制緩和の基本理念と獣医学部新設が相容れないことは明らかでしょう」(同)

閉会中審査での加計学園疑惑究明は期待薄も…「安倍政権の終局」がついに始まったのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、加計学園安倍内閣閉会中審査の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!