NEW

慶應中等部合格の芦田愛菜、通ったと噂の有名塾がCM起用…スゴいカリキュラムと実績

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芦田愛菜(AP/アフロ)

 女優の芦田愛菜は今年、中学受験に挑戦し、女子学院中学と慶應義塾中等部という超名門難関校に合格を果たし、後者に進学したというニュースが話題を呼んだ。中学受験に挑む子どもを持つ親の多くが、芦田がどんな受験勉強をしていたのか関心を抱いているだろう。

「週刊新潮」(新潮社/2月23日号)は、芦田は小4のときに大手進学塾「早稲田アカデミー」に入塾し、受験本番となる小6の9月には、難関志望校別の「NNコース」の「NN女子学院」を選択し、1日10時間以上を受験勉強に費やしたと報じている。こうした報道も影響し、早稲田アカデミーの「ExiV校舎西日暮里校NN女子学院クラス」が注目されている。

 その早稲田アカデミーは、4月から芦田を起用した「天才はいない」というキャッチコピーの広告を展開している。

 そこで今回は、早稲田アカデミーの評判などについて、『1歩先いく中学受験 成功したいなら「失敗力」を育てなさい』(晶文社)などの著作がある教育ジャーナリストの中曽根陽子氏に話を聞いた。

 中曽根氏は著書『後悔しない中学受験 最新版』(同)のなかで、早稲田アカデミーの特徴を次のように解説している。

・早稲田実業学校中等部と早稲田中学校に抜群の合格者数を出している。
・近年は御三家(男子:開成・麻布・武蔵、女子:桜陰・女子学院・雙葉)や、慶應義塾の附属など、難関校の合格実積も上昇している。

 早稲田アカデミーは東証一部の上場企業だ。創業者の故・須野田誠氏が1975年、早大法学部在学中に学習塾を創業。自身が同大大学院を卒業したことなどから76年に社名を「早稲田大学院生塾」とし、以後は絵に描いたような右肩上がりの成長をなし遂げた。

高校受験が評判


 進学実積は現在のところ、高校受験が評判のようだ。2001年には早慶附属高校の進学者に占める「早稲田アカデミー卒業生」の割合が1位を占めたほか、16年の開成高校合格者数は79人で、これも1位となった。中曽根氏が言う。

「中学受験における早稲田アカデミーは、同じ大手である四谷大塚の提携塾となっており、提携塾のなかで最大手という位置付けです。そのため基本的に、生徒は四谷大塚のテキストを使って勉強します。ただ最近は早稲アカオリジナルのテキストも使用されていますし、オリジナルのテストも実施しています」

慶應中等部合格の芦田愛菜、通ったと噂の有名塾がCM起用…スゴいカリキュラムと実績のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、慶應義塾中等部早稲田アカデミー芦田愛菜の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!