NEW

「性に奔放すぎる」日本の歴史…売春で本番当たり前、多彩な性プレイも

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉原の遊女(明治時代)(「Wikipedia」より/Gryffindor)
 現代の日本は、「性」に関して不寛容といってもいい社会だ。不倫が発覚した政治家やタレントは世間から糾弾されてそれまでの地位や収入を失い、一般の夫婦間でも夫の風俗通いなどを理由に離婚に至るケースが少なくない。もちろん、いずれも当事者にとっては許容されるものではないが、最近は当事者外からのバッシングも過熱する一方だ。


江戸の性事情』(ベストセラーズ)の著書を持ち、江戸の人々の性に詳しい小説家・歴史評論家の永井義男氏は、「日本人が性に関して潔癖さを求めるようになったのは、歴史的に見れば、ここ最近の話です」と語る。

 江戸は、よくいえば性に奔放、悪くいえば野放図だった。現代とは性に関する意識に大きな違いがあるが、永井氏によれば、不倫や性風俗には共通点もあるという。現代日本人が知っておくべき、江戸の性事情を紹介しよう。

不倫=密通は当たり前、死罪になるケースも


 男女間の不倫が盛んで、発覚するとなんらかの制裁を受ける点は、現代も江戸も変わらない。永井氏によると、江戸では不倫のことを「密通」と呼んでいたという。

「密通がバレると、間男(夫のいる女性と性的関係を持った男)は、女の夫に7両2分の慰謝料を払って解決しました。この習慣を『内済』といいます」(永井氏)

『江戸の性事情』(ベストセラーズ/永井義男)
 現代の不倫に比べると密通の定義は広く、正式な婚姻関係にない男女の性行為はすべて密通となり、法的に処罰の対象となった。ただし、処罰しようにも事例が多すぎたため、実際は密通で捕まることはなかったという。

 そこで、密通を解決する方法として行われていたのが「内済」だ。これは町奉行所を介さずに、当事者間で話し合ってことを収めるというもの。慰謝料にあたる「7両2分」は、当時の庶民にとってかなりの大金だったので、実際はもっと少ない金額で解決されることが多かったようだ。

 しかし、当時の身分制度である「士農工商」に抵触するケースの密通は、発覚するとただでは済まなかった。永井氏によれば、「たとえば、武士の家来と主人の奥さんとの密通がバレて、町奉行所の管轄事項になると、2人とも死罪になります」という。

 ただ、あまりに罰が重すぎることに加え、メンツを重んじる武士が家来に妻を寝取られたとあっては体面を保ちにくい。そこで、「なんらかの理由をつけて妻と離縁。家来も同様にクビにして、当事者間で密通自体を白紙にするのが当時のやり方」(同)だったそうだ。

 表面上は厳しい制裁を受けなければならなかったが、こうした数々の抜け道があったため、江戸では現代以上に男女間の不倫が盛んだったという。

風俗は“本番”が基本、紙くずより安かった街娼


 一方、性風俗はどうだったのだろうか。江戸では売春が合法だったので、売る側にも買う側にも、そして世間一般にも、売春に対する罪悪感や抵抗感はなかった。公娼と私娼を合わせるとかなりの数の遊女が存在し、現在とは比較にならないほど売春に寛容な社会だったという。

『江戸の性事情』

江戸の下半身は奔放だった!? 格安な遊女、江戸の素股、妖艶な熟女、性の俗説、夜這いの惨劇、妻の密通……。

amazon_associate_logo.jpg

「性に奔放すぎる」日本の歴史…売春で本番当たり前、多彩な性プレイものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、不倫吉原売春歴史江戸風俗の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!