NEW

視聴率1%台で波紋…欅坂46ドラマ『残酷な観客達』、ファンも「観ていられない」と酷評

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『残酷な観客達』公式サイトより

 欅坂46が主演するテレビドラマ『残酷な観客達』(日本テレビ系)が、あまりにもつまらないと話題になっている。

 毎週水曜深夜(木曜未明)に放送されており、現在は全10話のうち第8話まで終わっている。第2、4、5話では、いずれも1.7%という低視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録している。平日深夜のドラマは録画してあとから視聴する人も多いため、深夜ドラマの視聴率は3%台であれば悪くないといわれるほど、数字を取りにくい。しかも、『残酷な観客達』は動画配信サービス「Hulu」で先行配信していることもあり、深夜放送で低視聴率だからといって、ドラマが見られていないとは一概に判断できない。

 だが、このドラマの主たるターゲット層と思われる欅坂ファンからも、「ひどすぎる」と不満の声が噴出しているのだ。

 ドラマの舞台は近未来の女子高。「プライバシーの保護を優先し、学校では生徒や教師の名前を開示しない」という状況で、生徒たちはお互いを出席番号で呼び合う。そんな学校の中で、ある日突如として女子高生21人が教室に閉じ込められるところから物語は始まる。

 生徒たちの様子はインターネットを通じて世界中に配信されており、そこから脱出するためには、ネットの向こうにいる観客たちから「いいね!」をもらわなければならない。そこで、生徒たちはそれぞれに苦闘しながら課題をクリアしていくというストーリーだ。

 設定自体は、面白そうな気配が漂う。だが、第8話まで観た感想としては、まったく盛り上がる気配がなく、ただ淡々と毎回30分の放送時間が過ぎてゆく。そして、放送終了時に「この30分を返せ」と言いたくなるほどにつまらない。

 その第一の原因は、欅坂メンバーの演技の下手さだ。女優ではないので、演技に期待して観ている視聴者は多くないと思われるが、それでもほぼ全員が台詞を棒読みする、小学生の学芸会レベルで、ドラマに感情移入できないのだ。また、言葉を発していないときに、棒立ち状態で画面に映っていることが多く、シリアスさがまったく伝わってこない。

視聴率1%台で波紋…欅坂46ドラマ『残酷な観客達』、ファンも「観ていられない」と酷評のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、日本テレビ欅坂46残酷な観客たちの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!