NEW
片山修のずだぶくろトップインタビュー 第9回 浜田宏氏(アルヒ代表取締役会長兼社長)

住宅ローン申請の膨大な手間も軽減…家を買うプロセス全部を「ラクにする」企業が話題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浜田 宏(はまだ・ひろし):アルヒ会長兼社長 CEO兼COO。1959年東京都生まれ。82年早稲田大学卒業。山下新日本汽船(現商船三井)入社。AIGグループアリコジャパン(現メットライフ生命保険)を経て、91年米サンダーバード国際経営大学院国際経営学修士課程修了。米クラーク・コンサルティング・グループに入社し、在籍中の93年に米デルの日本法人立ち上げに参画。95年デルコンピュータ(現デル)、00年デル日本法人の社長兼米本社副社長。06年リヴァンプ代表パートナー。08年HOYA執行役最高執行責任者などを経て、15年1月にSBIモーゲージ(現アルヒ)顧問、5月アルヒ会長兼CEO。9月から現職。

 世界的な金融自由化の流れのなかで、国内金融機関に一石を投じる企業がある。2001年に日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とする住宅ローン貸出専門の金融機関)として設立された、アルヒ(旧SBIモーゲージ)である。

 アルヒは、「フィンテック」と「不動産テック」の融合に挑戦している。また、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション/ソフトウェアロボット)をはじめとするIT導入により事務の自動化、効率化を図って、業績の拡大を目指しているのだ。

「フィンテック」とは、金融業においてITやAI(人工知能)、ロボティクスなどの新技術を導入する試みだ。スマートフォンで個人間送金を行うアプリや、インターネットバンキングなどはその一例だ。待ち時間はなく、手数料も安いなどユーザーの利便性は高いが、一方、国内企業での導入は、欧米に比べて周回遅れといわれている。

 フィンテックと不動産テックの可能性は、どこにあるのか。アルヒ会長兼社長の浜田宏氏に聞いた。

フィンテックと不動産テックの融合


片山修(以下、片山) アルヒはフィンテックと不動産テックの融合を試み、業務へのAI導入も進めています。RPA(ソフトウェアロボット)やOCR(光学的文字認識)技術の導入によって、書類の記入事項は、従来の200項目から100項目ほどにまで減ったと聞きます。これらの導入には、やはり時間がかかりましたか。

浜田宏氏(以下、浜田) やると決めて、3、4カ月後にはスタートしました。もっとも、現在まだ4割くらいしかできていない。RPAはベンチャー企業がいくつかあったので、協力しながら進めました。技術は日進月歩です。たとえば、国立科学博物館などが古文書の自動読み取りを研究したりしていて、いずれは殴り書きした手書きの古文書なども、AIによって活字に起こせる時代がやってくると聞いています。そのスピードは想像以上に早い。

片山 ここ1、2年、国内においてもフィンテックが注目を集め始めました。いったい、どこまで進化していくのでしょうか。

浜田 たとえば、アルヒのLINEチャットで「世田谷区、新築マンション、2LDK、5000万円くらい」と打ち込めば、結果がすぐに出てきます。今後、たとえばあらかじめ年収などのデータを入力してあれば、スマホの音声認識を使って話しかけるだけで、「あなたが買えそうな物件は○○」「あなたにお薦めのローンは××」「毎月の支払額は△△円」などの情報がすべて、一瞬で見られるようにしたい。

住宅ローン申請の膨大な手間も軽減…家を買うプロセス全部を「ラクにする」企業が話題のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アルヒフィンテック住宅ローンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!