NEW

「飲み会後、深夜に同僚や友人を自宅に連れてきて宅飲みする夫」を咎める妻は「鬼嫁」か否か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「飲み会後、深夜に同僚や友人を自宅に連れてきて宅飲みする夫」を咎める妻は「鬼嫁」か否かの画像1
「飲み会後、深夜に同僚や友人を自宅に連れてきて宅飲みする夫」を咎める妻

 配偶者や一緒に住む恋人が飲みに出かけて、真夜中に友人や後輩などを連れて宅飲みしようとやってきたことはないだろうか? 筆者はある。こちらは寝ているか、起きていてもスッピン部屋着であり、明日の予定もあるために、こうした突然の来訪者は迷惑でしかない。笑顔で出迎えサッと気の利いたつまみを数品作って出すことなど絶対にできない。

 山田優は小栗旬とその仲間たちに対して、それが出来るらしい。すごい、すごすぎる、真似は無理だ。

 発言小町の検索窓に「夫が後輩を深夜」などと入力して検索をかけると、同様の被害者達からの相談がずらりとヒットする。彼女や妻が寝ているであろう時間帯に、飲み直しとばかりに自宅に友人や後輩を呼ぶのが好きな男性、結構いるようだ。もう筆者としては頼むから法律か条例で禁じてほしいくらいにコレがきついのだが、小町にもそうした相談があった。

「飲み会後、深夜に同僚や友人を自宅に連れてきて宅飲みする夫」を咎める妻は「鬼嫁」か否かのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!