NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

キンキが20年ぶり共演の伝説的ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』、異例尽くめのリメイクに挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『ぼくらの勇気 未満都市2017』|日本テレビ」より
 7月21日に放送されるスペシャルドラマぼくらの勇気 未満都市2017』(日本テレビ系)が異例尽くめだ。20年前の連ドラ続編、当時のキャストが再集結、国民的アイドルとなった相葉雅紀と松本潤が脇役で共演、17年前に芸能界を引退した小原裕貴さんの出演……。連ドラは1~3年以内に続編か映画版が制作されるのが定番で、これほどのロングスパンは記憶にない。


 しかも、連ドラの最終回で「20年後の今日、またこの場所に集まろう」というセリフで別れた登場人物たちが本当に再会するのだから、「よくぞ約束を守ってくれた」と喜びを感じる視聴者は多いだろう。

 20年前、「俺たちはあんたたちみたいな大人にはならない。絶対な」と言っていた彼らが、20年の歳月を経て、どんな大人になったのか。役柄と俳優の姿をオーバーラップさせて楽しむドキュメンタリーのようでもある。

堂本光一と堂本剛はドラマ共演自体が20年ぶり


 移り変わりの早い芸能界において、「20年後に同じ役を演じる」のは、俳優として極めてレアな体験。長期密着ドキュメンタリー作品に出演しているようなものであり、過去の記憶をたどりつつ、想像でイメージをふくらませるという役づくりが必要になる。

 堂本光一は「大人たちに立ち向かっていた自分たちが今は大人になり、逆の視点から感じた真っ直ぐな思いを再びヤマトを通して表現できる楽しみを噛み締めています」、堂本剛は「あの頃の若さゆえの真っ直ぐな正義感、純粋な気持ちを懐かしく思いながらも、大人になったタケルを生きたいと思います」とコメント。ヤマトとタケルがどうというより、まるで「成長したオレを見てほしい」と言っているように見える。

 KinKi Kidsは、1994年の『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』、96年の『若葉のころ』(ともにTBS系)のあと、97年の当作を最後にドラマ共演していない。つまり、2人にとっては連ドラ共演そのものが20年ぶりとなり、久々に俳優として対峙した緊張感のなかで、互いの成長を感じ合ったのではないか。

 さらに、連ドラで弱虫キャラのモリを演じた松本潤、ヤンキーのアキラを演じた相葉雅紀が、成長した姿をどのように見せるのか。彼らもこの20年間、俳優として経験を積み重ねてきたが、今回の続編はどの役よりも難しい役なのかもしれない。

 そもそもジャニーズのタレントは、少年から大人に成長していく姿をファンが応援し、見守るタイプのタレントであり、「20年ぶりの続編」という当企画はうってつけ。あどけなさやみずみずしさを感じさせた少年時代から、落ち着きと余裕を感じる大人の俳優へ。光一、剛、相葉、松本にとっては、視聴者に成長した姿を見せるとともに、ジャニーズの後輩たちにお手本を示すという意味合いも大きいはずだ。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

キンキが20年ぶり共演の伝説的ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』、異例尽くめのリメイクに挑むのページです。ビジネスジャーナルは、連載、KinKi Kidsぼくらの勇気 未満都市ドラマ堂本光一堂本剛日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!