NEW

浜崎あゆみ、新宿二丁目で人気凋落ぶりを晒す…妻夫木聡、二丁目通いの「目撃談」

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1707_hama550.jpg
「浜崎あゆみオフィシャルサイト」より

 6月のある平日の新宿二丁目。終電間際となり、バーのお客たちがポツポツと帰りだした頃、とある老舗ゲイバーにふらりと姿を現した人気俳優がいたという。

 特に変装もせずカジュアルな出で立ちで、慣れた感じでカウンターに腰を下ろしたのは妻夫木聡。彼が訪れたのは、カウンターだけの小さい店で女性やノンケ(異性愛者)も受け入れる、ベテランママの癒し系トーク目当てに大物芸能人たちも足繁く通うことで評判の店だ。

「妻夫木さんは自然に二丁目に溶け込んでいましたね。ママへの仕事などの近況報告以外には、静かにお酒を飲んでいました」(居合わせた客)

 昨年9月に公開された映画『怒り』で妻夫木は、綾野剛と同性愛カップルを演じている。2人の激しくねっとりしたベッドシーンは、二丁目界隈では「本物?」と思われるくらいに大評判となったそうだが、妻夫木は撮影前から役作りのため共演者らと二丁目のバーやクラブへ通いはじめ、映画の撮影終了後も姿を見せているという。

「ママと他のお客が、二丁目ならではのえげつないワイ談を交わしている間も、妻夫木さんは特に反応することもなく、聞き流していました。相当、二丁目のバーに慣れているようでしたね」(前出・居合わせた客)

『怒り』の作中では、ハッテン場で出会いすぐに妻夫木と綾野の2人が演じるキャラクターは同棲を始める。妻夫木と綾野も役作りのため、演じるキャラクター同様、2週間程度の同棲を行ったのは有名なエピソード。

「普通の日常生活の匂いを出したかったので、同居して気づくことが大切だった。使っているワックスが同じだったり、『おやすみ』『ただいま』と言える相手がいることや、歯ブラシが2つ並んでいることとか、些細なことがうれしかった」などと、映画誌などのインタビューで妻夫木は語っている。

 そんな妻夫木だが、昨年8月に女優のマイコと結婚したばかり。新妻が待つ我が家が恋しい時期だろうが、それでも二丁目通いが止まらないようなら、あらぬ噂が立ってしまわないか、心配される

浜崎あゆみ、新宿二丁目で人気凋落ぶりを晒す…妻夫木聡、二丁目通いの「目撃談」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、妻夫木聡怒り新宿二丁目浜崎あゆみ綾野剛都はるみの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!