NEW
富家孝「危ない医療」

抗がん剤勧める医師、なぜ自身ががんに罹ると使用拒否?「時間無駄」「つらい副作用」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 抗がん剤の効果が疑問視されるようになっているなか、注目すべき調査結果が発表された。6月9日付読売新聞記事によると、大森赤十字病院(東京都大田区)の佐々木慎・外科部長は、このほど「自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか」というアンケート調査を医師53人と薬剤師29人(計82人)に行い、その回答を得た。

 質問は自分が「胃がん患者」になったという前提で回答するもので、抗がん剤治療を「受けたくない」「限定的なら受けても良い」と消極的な回答をしたのは、ほぼ4人に1人の21人。その理由としては、「根治しない」「時間が無駄」「延命を望まない」「副作用がつらい」だった。

 最近のメディアの流行なのか、「医師ならどうする?」といった企画を目にすることが多いが、この調査結果をどう見るかは、意見が分かれるところだろう。

「4人に1人が否定的」といっても、調査対象の医師は1人を除いて自分の患者に抗がん剤治療を勧めているので、「意外に多い」といえるかもしれない。

 現在の日本では、抗がん剤治療はがん治療のひとつの柱として日常的に行われている。進行がんの場合、手術で病巣が取りきれなかったり、手遅れだったり、転移していたりした場合は、ほぼ例外なく抗がん剤治療が行われる。また、手術で病巣を取りきっても、転移を叩くために抗がん剤が使われる。もちろん、抗がん剤単独の治療もあるが、放射線治療などと併用されることも多い。

 このアンケートは胃がんを想定しているが、胃の進行がんの場合は、ほとんどのケースで手術と併せて抗がん剤治療が行われている。

抗がん剤治療の効果


 しかし、抗がん剤治療の効果は非常に疑わしい。白血病や悪性リンパ腫など一部の血液がんを除き、多くの場合、あくまで延命効果しかない。つまり、がんの進行は止まらないばかりか、副作用が強すぎて、かえって体を壊してしまったりする。

 抗がん剤を、がん細胞を殺すクスリと思っている人は多い。一般の方はとくにそうだ。しかし、がん細胞ばかりか良い細胞も殺してしまうので、メリットよりデメリットのほうが大きい。つまり、「延命」というより「縮命」(命を縮める)効果も強いのである。

抗がん剤勧める医師、なぜ自身ががんに罹ると使用拒否?「時間無駄」「つらい副作用」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、抗がん剤治療放射線治療胃がんの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!