NEW

カップ麺、絶対に子供はNGの危険食品…異常な食塩量、発がんや緑内障のリスク増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 5月17日、国立研究開発法人の医薬基盤・健康・栄養研究所は、日本人が食塩を摂り過ぎる原因となっている食品は、1位がカップ麺で、2位が袋詰めインスタントラーメンであると発表しました。同時に、「食塩の摂り過ぎが血圧の上昇と関連があると明らかになっており、注意してほしい」と警鐘を鳴らしました。

 今回の報告は、厚生労働省の2012年「国民健康・栄養調査」のデータを基に作成されています。具体的に、どの程度の食塩量を摂取するかというと、カップ麺はスープを飲み干したと仮定して1日当たり5.5グラム、インスタントラーメンは5.4グラム。ちなみに、3位は梅干しで1.8グラム、4位は高菜の漬物で1.2グラム、5位はキュウリの漬物で1.2グラムとなっています。

 世界保健機関(WHO)では、大人の食塩摂取量の目標値を1日当たり5グラム未満としています。日本で市販されているカップ麺の塩分量は平均5~6gですから、1個でWHOの目標値はオーバーします。インスタントラーメンも似たようなものですから、高血圧が心配な方は絶対に避けるべき食品といえるでしょう。

 また、血圧の心配のない方でもカップ麺・インスタントラーメンはできるだけ食べないほうが無難です。特に子どもは要注意です。多くの添加物は、グルタミン酸ナトリウム、アスコルビン酸ナトリウム、クエン酸ナトリウムというようにナトリウムとくっついて製品化されています。加工食品の食塩含有量は、添加物にくっつくナトリウムも食塩換算して加えられています。添加物の使用量が多ければ、当然、食塩含有量も増えるのです。カップ麺・インスタントラーメンの食塩含有量が多いのは、添加物の使用量も多いからです。添加物と食塩でつくられた濃厚味に子どもの頃から慣れてしまうと、味覚が麻痺していき、ますます濃厚味を選んでいくようになり、食塩も添加物も過剰に摂取してしまいます。

 しかも、カップ麺・インスタントラーメンには危険な食品添加物が多量に使われています。緑内障の原因物質と疑われている化学調味料のグルタミン酸ナトリウム、胃の粘膜を損傷させる恐れのある「かんすい」(炭酸カリウム、リン酸カリウムなど)、発がん性物質が含まれるカラメル色素は、ほとんどのカップ麺・インスタントラーメンに添加されています。

 世界ラーメン協会(本部・大阪)によると、2016年のインスタントラーメンの世界需要は974億6000万食となり、2年連続で1000億食の大台を割り込んでいます。ようやく世界中の人びとが添加物たっぷりのカップ麺・インスタントラーメンの不健康さに気づいてきたのだと思います。カップ麺・インスタントラーメンを食べる場合には、無化調(化学調味料不使用)、無かんすいの製品もありますので、ぜひそれらを選んでほしいものです。
(文=郡司和夫/食品ジャーナリスト)

カップ麺、絶対に子供はNGの危険食品…異常な食塩量、発がんや緑内障のリスク増のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、インスタントラーメンカップ麺発がん性物質高血圧の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!