NEW

数分で千円が166万円に大化け!高額配当連発の夏競馬、超貴重情報を無料提供!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏のビッグイベントに参加せよ!

 7月10日と11日に行われた国内最大のサラブレッド競り市場であるセレクトセールは、2日間で史上最高の173億2700万円という売り上げを記録した。最高落札額は5億8000万円、セガサミーホールディングスの里見治会長はひとりで合計16億円ほどの馬を落札と、異次元の世界にいた。まさに、馬主の資金力を感じさせられる出来事だった。

 競馬において馬主の権力は絶大だ。調教師も騎手も厩務員も、馬主に「ノー」と言われれば、素質ある馬に携わることはできない。またJRA(日本中央競馬会)も同様で、馬主が馬を走らさなければ競馬は成立しないため、さまざまな馬主側の要求に対応している。そのひとつが競馬場内に設けられた馬主協会であり、ほかにも馬主向けに特別な予算が組まれている。

 このように、馬主は競馬サークル(競馬関係者全体)で頂点に君臨しているのだが、それも当然だろう。競走馬を保有することの金銭的リスクは相当なもので、たとえば一頭当たりの年間維持費は約800万円といわれており、サラリーマンの平均年収を超えてしまう。10頭も所有していれば、1年間で8000万円ほどになるのだから、衝撃的な金額だ。それに馬代金も加わるわけで、このリスクと引き換えに馬主にさまざまな特権があるのも頷ける話だ。

 また、馬主は競馬関係者でありながら馬券を買えるのも大きなポイントだ。競馬法では調教師、騎手、厩務員といった当事者の馬券購入は禁止されているが、馬主は禁止されていない。仮に自分が所有する馬の馬券を買えなければ馬主の醍醐味も半減するだろうから、これは馬主にとって大きな魅力になっているはずだ。現に、ある馬主協会の会長を務めた大物馬主は馬券好きで有名で、馬主席で一喜一憂する姿を多く見かける。

 そういった状況からも馬主と馬券のつながりは深く、何十年も前から「馬主情報」という関係者情報が存在する。確かに、それぞれの馬主は自らの所有馬について「勝てるかどうか、好走できるかどうか」といった情報を正確に把握しているだろう。厩舎関係者から「勝ち負け(1着になる可能性が高いという競馬用語)になります」と聞けば喜んで競馬場に行き、「今回は無理です」と言われればわざわざ競馬場に行くことはないだろう。そういった情報を多く集めることで、馬券につながる「馬主情報」が完成するのだ。

馬主情報を手に入れるには?

 かつては、馬主と面識がない一般人では入手できなかった「馬主情報」だが、今やインターネットの普及もあって多少の情報を入手する方法はある。馬主個人のブログやTwitter、Facebookといったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を見ると、今週出走する自らの馬を紹介し、期待も込めたコメントや状態について触れる場合がある。

 しかし、残念ながらこれは全体の中のごく一部でしかなく、実際にはその何百倍もの、しかももっと核心に近い情報が存在するのだ。仮にそれらの情報を入手できれば、多くの競馬ファンが過去に体験したことのないような的中や払い戻しを得ることができるだろう。

 そこで今回は、競馬ファン必見、この夏最大のビッグイベントを紹介したい。それは、現役馬主が運営に携わる「馬券フォーカス」による「馬主情報無料提供サービス」だ。

 一般的な無料情報は、その週のうち1レース程度が主な内容だが、今回提供するサービスは1日2レースの馬主情報を「4週、計8日間」という長期にわたって完全無料で提供するスペシャルサービス。登録はもちろん、情報料金などもすべて無料で文句のつけようがない。

 この情報を提供する「馬券フォーカス」は、現役馬主が運営に携わる唯一の競馬情報管理提供会社で、実際に多くの馬主も愛用しており、絶大な信頼と人気を得ている。

 先週末も、函館12レース潮騒特別で3連単16万6180円という高額馬券を的中。100円購入していれば16万円、1000円購入なら166万円、1万円購入なら1661万円の払い戻しを手にする衝撃の結果を出している。

 馬券フォーカス担当者に、馬主情報について話を聞いた。

「夏競馬はG1レースがないこともあり、マスコミの注目も少なくなって非常にレースに仕込みがしやすくなります。また、夏競馬に絞って勝ち星を稼ぐという馬主も多くいるので、そういった勝負馬の把握が大きなポイントになるのです。

 ところが、残念ながらスポーツ紙や競馬新聞、ネット情報を参考にしている一般競馬ファンでは、そういった情報をキャッチできません。そのため、配当も上がって非常に魅力が大きくなります。

 ただし、私たちはこういった情報を独占しようとは考えていません。競馬を盛り上げるためには、多くの競馬ファンが競馬場へ行き、馬券を購入し、的中を味わってもらうことが重要です。今回のサービスも、秋競馬へ向けて競馬の醍醐味を味わってもらいたい、夏競馬で競馬から離れていた人に競馬を楽しんでもらいたいという趣旨で、各馬主関係者と協力して実施するのです。

 今回4週間で提供する情報は、東京馬主、中山馬主、京都馬主、阪神馬主など全国の馬主情報で、情報料金は通常であれば3万円相当になるものを完全無料で提供。今週はレパードステークス、小倉記念の重賞提供もありますので、ぜひこの機会に本物の馬主情報を体感してほしいですね」(馬券フォーカス担当者)

 数分でわずかな資金が数万円にも数十万円にも化ける可能性がある競馬は、スポーツとギャンブルが融合した最高のエンターテインメントだ。今週末から4週間は、この馬券フォーカスが提供する3万円相当の馬主情報を無料で提供してもらえるチャンス。もしかしたら、競馬人生を大きく変える転機になるかもしれない。ぜひこのチャンスを逃さないでいただきたい。
(文=編集部)

※本稿はPR記事です。

数分で千円が166万円に大化け!高額配当連発の夏競馬、超貴重情報を無料提供!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAセガサミーホールディングス夏競馬の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!