NEW

30代半ばの女性社員に訪れる見えない定年――「35歳標準労働者・男性」の呪縛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

30代半ばの女性社員に訪れる見えない定年――「35歳標準労働者・男性」の呪縛の画像1
Photo by National Eye Institute from Flickr

 自己都合退職を迫られた女性エンジニアが、ツイッターで話題となっている。勤務先は伏せられているが、「誰もが知っている大企業」ということだ。ツイート主は、そのエンジニアを「妹」と呼んでいる。ツイート内容がすべて事実であると仮定しての話だが、ツイートから感じられるジェンダーへの鋭敏さを見る限り、ツイート主は姉である可能性が高そうだ。

 人員削減の際、あるいは退職させたい社員がいる際に自己都合退職を迫ることは、特に大企業で広く見られる。退職する本人にとって自己都合退職はデメリットが多く、逆に会社都合退職となることによるデメリットは全くない。会社都合退職の場合、待機期間はなく退職直後から失業給付を受けることができ、期間も長い。35歳・勤続13年とすれば210日となる(自己都合の場合は120日)。しかし大企業であればあるほど、会社都合退職とすることは困難になる。雇用者の義務を果たしていたかどうかが厳しく問われるからだ。

30代半ばの女性社員に訪れる見えない定年――「35歳標準労働者・男性」の呪縛のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!