NEW

マック、門外不出の「誕生の秘密」を暴露…マック「非公認」映画公開が波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都内の「マクドナルド」店舗

 ハンバーガーチェーン最大手マクドナルドの持ち株会社、日本マクドナルドホールディングスの業績が好調だ。5月10日に発表された2017年度・第一四半期の売上高は610億4200万円(前年同期比16.9%増)と急拡大。17年度(17年12月期)の業績予想も売上高2460億円(前期比8.5%増)と、当初予想の2365億円から100億円近くも上方修正された。

 同社が開示している「セールスレポート」でも、16年1月から17年6月まで「全店売上高」「既存店売上高」「客数」「客単価」すべてで18カ月連続増収となった。16年12月期には当期純利益の黒字化を果たし、一時の深刻な業績不振から完全復活したことを示す。

 好調な業績のタイミングを見計らったかのように、7月29日から同社を取り上げた映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』がKADOKAWAから配給された。筆者も事前に試写を観た数人に話を聞いたが、評判も上々だった。そこで今回は、ビジネス的要素の強い同映画の中身と配給までの舞台裏を紹介したい。

レイ・クロックは「ファウンダー」か?

映画『ファウンダー』のマクドナルド兄弟
(C)2016 SPEEDEE DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ファウンダー』の主人公は、マイケル・キートン演じるレイ・クロックという人物だ。現在、全世界に約3万店、日本国内だけで約2900店も展開するマクドナルドのFC(フランチャイズチェーン)店を築き上げた立志伝中の人である。


 1902年生まれのクロックは84年に他界しているが、77年に自伝となる著書『GRINDING IT OUT』を上梓。その時点で「マクドナルド」は米国やカナダに4000店を展開していた。ちなみに同書は『成功はゴミ箱の中に』(プレジデント社)と改題、日本でも発売され、シリーズ累計17万部を突破するベストセラーとなった。今回の映画の原作でもある。

 実は、クロックはハンバーガー店「マクドナルド」の創業者ではない。1940年に店を創業(戦後の48年にリニューアル)したのは、ニューイングランド出身のモーリス・マック・マクドナルドとリチャード・ディック・マクドナルドという兄弟だ。クロックは54年に兄弟の運営する「マクドナルド」と出合い、均質化されたハンバーガーを迅速に提供されるシステムに感動した。そして兄弟と交渉の末、55年にチェーン展開するFC権を獲得したのだ。『成功はゴミ箱の中に』によれば、その条件は次のとおりだった。

「FC店の売り上げのうち、1.9%が私の取り分となった。(中略)私の取り分のうち、0.5%はマクドナルド兄弟に納めることになった」

 だが、契約の細部をめぐる取り扱いなどで、クロックはマクドナルド兄弟と対立し、やがて袂を分かつ。兄弟にとってクロックは、日本的な表現では「ひさしを貸して母屋を取られる」存在となった。映画でもディック・マクドナルド(弟)が、「ニワトリ小屋にオオカミを入れた」と嘆くシーンが出てくる。

 だからこそ、「ファウンダー」(創業者)という映画のタイトルは意味深なのだ。

マック、門外不出の「誕生の秘密」を暴露…マック「非公認」映画公開が波紋のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、マクドナルドレイ・クロック映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』非公認映画の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!