NEW

一部のビタミンC入りドリンクは人体に危険!結石や発がん性物質含有の恐れ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 扇風機も、エアコンも嫌いな筆者でありますが、やはり寝る時だけはエアコンを使います。もちろん、1時間ほどタイマーをかけての使用なので、朝目覚めた時には汗をかいています。自宅にいる時は、日中もほとんど使わず、手ぬぐいではちまきなどをしつつ、家族にも笑われつつ、原稿を書いたりしています。昔から、なぜか扇風機の風に当たると体調が悪くなります。エアコンも、どの温度帯がもっとも快適なのかわからずじまいでこの歳になってしまいました。ほかのことはともかく、ここは順応力がないようです。

 一般的に、暑くて汗をかくと「ビタミンCを補給しなければ」と思う方が多いのでしょうか。街中でも、ビタミンCが入った清涼飲料水を飲んでいる方を見かけます。確かに、夏場のビタミンC補給は大事です。しかし、その質にもよるので、むやみやたらにビタミンCを摂ればいいというわけではありません。

 日本で使われているビタミンCは、「L-アスコルビン酸」とも呼ばれます。実は、この大半は中国産だということをご存じでしょうか。食品添加物(酸化防止剤)として、緑茶などのペットボトル飲料にも使われています。ビタミンCに限らず、中国産の食品添加物が劣悪であることは周知の事実ですが、それは副産物である不純物が多いからです。つまり、ビタミンCを合成してつくり出す時に、ほかの物質も化学合成され、それが多量に含有されているのです。もちろん、合成されたビタミンCそのものの質も劣悪です。

 清涼飲料水の中には、「1本の中にビタミンCが1000ミリグラムも含まれている」などと掲げている商品もありますが、多く摂ればいいというわけではないので、注意が必要です。

 WHO(世界保健機関)では、L-アスコルビン酸の1日摂取許容量は、成人で体重1キログラム当たり0.25グラムまでとしています。日本の厚生労働省も、ビタミンCの摂取推奨量は1日100ミリグラムとしています。こうしてみてみると、1000ミリグラムものビタミンCを含んだ清涼飲料水が、いかに異常であるかがわかります。

 いうまでもなく、レモンやイチゴなどの果物に含まれている天然のビタミンCを摂ることは問題ありません。ただし、アメリカの看護師の教科書には、「ビタミンCの過剰摂取は結石をつくる可能性がある」と明記してあるそうです。やはり、摂りすぎは控え、適量を知らなければなりません。ちなみに、果物は1日に1サービング、つまり自分の両手に載る程度の量が適量と考えられています。

 看護師や一部の医師に確認したところ、日本ではビタミンCの過剰摂取が結石をつくる可能性があるとは教えていないそうです。

一部のビタミンC入りドリンクは人体に危険!結石や発がん性物質含有の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ビタミンCベンゼン緑茶豊洲の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!