NEW
新田ヒカル「気づいてますか?ケータイのこんな話」

他社から契約切り替え殺到のau新料金プラン、本当に得?こんな人は得/損!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
auピタットプラン・auフラットプラン(「au HP」より)

 7月14日、KDDI(au)が新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」を開始し、「MNP(携帯電話のキャリアをまたぐ番号継続サービス)による他社からauへの流入契約数が2倍」「半月で45万契約を獲得」と大きな話題となっています。

 そこで今回は、

・「ピタットプラン」「フラットプラン」の特徴
・新料金プランに乗り換えると得な人
・新料金プランに乗り換えると損な人、注意点

などについて紹介したいと思います。

「auピタットプラン」とは


 既存プランの場合、あらかじめ自分が月に何GBくらい使うかをイメージし、例えば5GBで契約するというものが一般的でした。この場合、月末頃に5GBを超えてしまった場合、速度制限がかかり、それを解除するために追加でデータ通信量を購入するといった作業が必要でした。追加購入には手間もかかりますし、追加分は割高な料金設定になっています。

 その点、「ピタットプラン」では、データ通信量に応じて料金が自動的に上がっていきます。1GBで収まれば1GB分の料金になり、2GB使えば2GBの料金と、5段階の定額料金が自動的に適用されます。さらに、料金が月ごとに決まるので、「今月は1GB」「翌月は5GB」など柔軟に料金が決まります。

・どのくらいのデータ通信量になるかわからない人
・月によりデータ通信量が大きく異なる人

には、「ピタットプラン」は適していることがわかります。

 では、具体的な金額はどのようになるでしょうか。一般的なケースで比較してみます。
既存プランの場合、

・カケホ:2700円
・LTEネット:300円
・データ定額5(5GB):5000円
※合計:8000円

となります。通常、ここに「毎月割」が適用されます。毎月割とは、端末代金の一部が毎月割り引かれる割引サービスです。この料金体系は、au以外のNTTドコモソフトバンクもほぼ同じです。

 これが「ピタットプラン」の場合、

・ピタットプラン(カケホ)5GB:7480円(誰でも割適用)

となり、「ピタットプラン」のほうが520円安くなります。ただし、「ピタットプラン」では「毎月割」が適用されません。「毎月割」は購入した端末によって、また時期によって異なります。「毎月割」が520円以下の人は、「ピタットプラン」のほうがお得といえます。また、「毎月割」が520円以上の人であっても、月ごとデータ通信量が大きく異なる人は乗り換えるメリットがあると思われます。

 もちろん、「毎月割」が適用されていない方、「毎月割」の適用が終了している方(端末を約2年以上使っている方)は、「ピタットプラン」のほうがお得です。

 ここで、「ピタットプラン」には「ビッグニュースキャンペーン」というものがあり、翌月から1年間、月1000円割引になります。年合計1万2000円の割引となり、これも考慮して新旧どちらのプランのほうが得か比較検討する必要があります。

他社から契約切り替え殺到のau新料金プラン、本当に得?こんな人は得/損!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、auピタットプランNTTドコモソフトバンクの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!