NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『黒革の手帖』武井咲、悪女がハマり新境地に…セクシー路線を突き進むオスカーの女優戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木曜ドラマ『黒革の手帖』|テレビ朝日」より
 放送前は「なんで今さらリメイク?」「武井咲では若すぎる」などのネガティブな声が多かったドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)が好調なスタートを切った。


 2004年に放送された米倉涼子版のインパクトが強かった上に、主演の武井はまだ23歳。「悪女の代名詞」ともいえる原口元子を演じることへのハードルは高かったが、序盤では視聴者・識者ともに高評価が続出している。

 約1カ月前まで放送されていた『貴族探偵』(フジテレビ系)での武井は、「女子大生か?」と思わせる未熟な新米探偵役だった。しかし、わずか数週間で一気にオトナ女優へ変身。色気を感じさせる演技を披露し、視聴者に新境地を感じさせている。

昨今のテレビ事情に合う武井咲の色気&悪女ぶり


 武井が演じる元子からは、米倉版のような「目的のためならカラダを許すこともいとわない」というほどのムードが漂ってこない。2話で楢林(奥田瑛二)から、なでまわすように手をさわられ、ホテルで背中から抱きつかれ、ベッドに押し倒されても、結局体を許すどころか、肌すら見せなかった。まるで「私はカラダなんか張らないわよ」と言っているようである。

 安易な肌の露出や枕営業に頼らない。体温が低く、欲望が顔に表れない。だからこそ、よりタチの悪さと闇の深さを感じさせる、いかにも現代風の悪女に見えるのだ。

 少し見方を変えれば、「セクシーな描写に厳しい、昨今のテレビ事情に合う色気」ともいえるだろう。武井は、視聴者に嫌われにくく、スポンサーに好かれやすい悪女を演じているのだ。

 とはいえ、やはり23歳。必然的に「銀座最年少ママ」らしい“背伸び感”は出ているが、それも「若いママに肩入れしたい」という潜在願望を持つ男たちを扇情させる。さらに中盤以降は、悪事を重ねてきたしわ寄せが訪れ、ピンチの連続になるだけに、追い詰められた女の色気が見られるだろう。

 これから元子は、江口洋介演じる安島富夫と惹かれ合うのだが、武井と江口はちょうど5年前の『息もできない夏』(同)で共演していた。当時は江口が武井を見守る保護者のような位置づけだったが、今回は堂々の恋仲となるところも、オトナ女優化が進んでいることの証明となりそうだ。

上戸彩、剛力彩芽、吉本実憂もセクシー路線に


 武井のオトナ女優化を見て、ふと気になったのは、所属事務所・オスカープロモーションの女優戦略。6月に上戸彩の主演映画『昼顔』(東宝)が公開され、大胆な演技で注目を浴びたほか、剛力彩芽も『女囚セブン』(テレビ朝日系)で芸妓を演じて入浴シーンなどを披露し、次期エース候補の吉本実憂に至っては『クズの本懐』(フジテレビ系)で何度となく濡れ場を演じた。

 特に吉本の演技は、「テレビの放送コードを超えている」「そのへんのセクシービデオよりもエッチ」という過激さで、業界内で「20歳になったばかりのエース候補が、なぜこの仕事を受けたのか?」という疑問の声が飛び交っていた。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

『黒革の手帖』武井咲、悪女がハマり新境地に…セクシー路線を突き進むオスカーの女優戦略のページです。ビジネスジャーナルは、連載、オスカープロモーションドラマ上戸彩剛力彩芽吉本実憂女優武井咲黒革の手帖の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!