NEW

月間15億PVを誇るケータイ小説サイトを「廃れた」と言えるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

月間15億PVを誇るケータイ小説サイトを「廃れた」と言えるのかの画像1
『Deep Love―アユの物語 完全版』(スターツ出版)

 ささやかな興味から、ケータイ小説を読み続けてかれこれ15年になる。

 と、こう書くと我ながら「人生の半分か」と軽い驚きを禁じ得ないが、これを口に出して言った場合、目の前の相手はもっと驚く。そして十中八九こう言われる。

「えっ、ケータイ小説ってまだあったんですか!?」

 そう、まだあるのだ。ケータイ小説執筆の場となる「魔法のiらんど」だって「野いちご」だってバリバリ稼働していて、毎月何かしらの作品が書籍化され世に出ている。たしかに、『Deep Love』(2002)や『恋空』(2006)のような大ヒット本は見なくなったけれど、「ケータイ小説」という枠組みがつくりあげた小さな王国は、決して滅びてなどいない。

 そんな話をwezzyの編集者K氏にしたら、「その話、wezzyでしてくださいよ」と頼まれたのでこれを書いている。というわけで、声を大にして言おう。アバン先生は生きていたし、ケータイ小説も生きていると。なんでそんなことをアナウンスするかというと、最近、「ケータイ小説危篤説」がWEBで流れているのを見たからだ。

月間15億PVを誇るケータイ小説サイトを「廃れた」と言えるのかのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!